ニュース
» 2016年01月20日 08時11分 UPDATE

安易なパスワードの2015年版ランキング、上位は?

「1234567890」など数字の羅列を長くしただけのパスワードは、「セキュリティ対策としては無意味」だとSplashDataは指摘する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 インターネットで最も多用されている安易なパスワードの筆頭は「123456」と「password」――。パスワード管理アプリを提供する米SplashDataが1月19日、「最悪のパスワード」の2015年版ランキングを発表した。

 「123456」と「password」は、SplashDataが同ランキングを発表し始めた2011年以来、常に上位にランクされており、「ユーザーがいかに危険なパスワードを選び続けているかを物語るもの」と同社は解説する。

photo SplashDataのプレスリリース
valpswd01.jpg 2015年版の危ないパスワード上位25件(SplashDataより)

 2015年のランキングでは同年中に流出した200万あまりのパスワードを分析した。恐らくセキュリティを強化する狙いで長いパスワードが使われる傾向も見られたが、25位までのランキングに新しく登場したのは、数字の羅列を長くしただけの「1234567890」、キーボードの並びをそのまま使った「qwertyuiop」など。こうしたパスワードは「あまりに単純すぎて、どれほど長くてもセキュリティ対策としては無意味」とSplashDataは指摘する。

 10位までのランキングでは、数字を1から順番に羅列しただけのパスワードが6件を占めたほか、「football」「baseball」などのスポーツも人気だった。次いで映画スター・ウォーズの人気にあやかった「starwars」「solo」「princess」なども新たに浮上している。

 SplashDataではこの結果について「簡単に推測されてしまう弱いパスワードを使うことで、多くのユーザーが依然としてハッキングやなりすましの危険に自らをさらしている現状が浮き彫りになった」と分析。対策として、数字やアルファベットを組み合わせた長いパスワードを使用し、同じパスワードの使い回しは避けるよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -