ニュース
» 2016年02月10日 07時55分 UPDATE

Adobe、Flash PlayerやPhotoshopの脆弱性を修正

Flash Playerの更新版では危険度の高い脆弱性が多数修正された。特にWindowsとMacではできるだけ早く更新するよう促している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは2月9日、Flash Player、PhotoshopとBridge、Experience Manager、Connectのセキュリティアップデートをそれぞれ公開し、深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

adbsec01.jpg 多数のAdobe製品でセキュリティアップデートが公開された

 Flash PlayerはWindowsとMac向けの更新版となるバージョン20.0.0.306と延長サポート版の18.0.0.329、Linux向けの11.2.202.569が公開され、AndroidやiOS向けのAIR SDKもバージョン20.0.0.260に更新された。

 更新版ではメモリ破損や解放後使用など危険度の高い脆弱性が多数修正された。悪用されると、攻撃者に任意のコードを実行され、システムを制御される可能性がある。特にWindowsとMacではできるだけ早く更新するよう促している。

 WindowsとMacではAdobeから自動的に更新版を受け取れるオプションも利用できる。Windows 8.x以降のWindowsに搭載されたEdgeとInternet Explorer(IE)、およびGoogle Chromeでは、Flash Playerは自動的に最新版に更新される。

adbsec02.jpg Flash Player脆弱性の影響範囲

 Photoshop CCとBridge CCは、WindowsとMac向けの更新版を公開して複数の深刻な脆弱性に対処した。Experience Managerの更新版(Windows、Unix、Linux、OS X向け)、Connectの更新版(Windows向け)で修正された脆弱性は危険度が1段階低い「重要」と位置付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ