レビュー
» 2016年03月03日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BMWが年間数百万枚の書類をデジタル化 そのスキャンセンターの役割とは?

自動車ローン契約から、保有車両管理のための契約、さらには駐車違反呼び出し状の処理まで、年間数百万枚の書類をデジタル化する上で、高度なOCR技術で情報の抽出に成功したBMW。激増する非定形ドキュメントの読み取りを効率化するために同社のスキャンセンターは何を行ったのか?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 自動車業界はグローバル化、コンプライアンス規制、ネットワーク化とデジタル化の発展により、競争と価格圧力はますます厳しくなっている。そんな中、世界に名高い自動車/オートバイメーカーのBMWでは、年間数百万枚の書類をデジタル化の上で情報を抽出し、ビジネスプロセスとアプリケーションに直接送信しているという。

 デジタル化するデータ量は膨大であり、年間およそ1500万ページに上る。また、書類に加えて、生成されるPDFファイルなどのデジタルドキュメントも存在する。これだけの書類の量を迅速かつ効率的に処理するために、BMWはミュンヘン本社に集中スキャンセンターを設立。このセンターは社外郵便仕分け室の隣に配置されており、迅速なコミュニケーションを図るために全ての部門がシェアードサービスセンターとして利用できるという。

 この資料では、同社において膨大な書類のデジタル化とアーカイブ化のプロセスを標準化しているスキャンセンターが、非定形ドキュメントの読み取り効率化のために実施したプラットフォーム選定プロジェクトの全貌に迫る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ