ニュース
» 2016年03月24日 14時40分 UPDATE

Javaのアップデート公開、リモートコード実行の脆弱性に対処

Oracleは可能な限り早く適用することを強く推奨している。

[ITmedia]

 Oracleは米国時間3月23日、Javaのセキュリティアップデートとなる「Java SE JDK/JRE 8 Update 77」をリリースして、深刻な脆弱性を解決した。

 脆弱性はJDK/JRE 8 Update 74およびそれ以前のバージョン、JDK/JRE 7 Update 97およびそれ以前のバージョンのWindows版、Solaris版、Linux版、Mac版に存在する。共通脆弱性評価システム(CVSS)バージョン2による評価値は9.3(最大値は10.0)で、脆弱性の影響は大きいとみられる。

javaupdt001.jpg 脆弱性の評価結果(Oracleより)

 Oracleによれば、脆弱性があるバージョンをデスクトップのWebブラウザ上で実行する環境において脆弱性が悪用された場合、リモートから任意のコードを実行されてしまう恐れがある。また、サーバやスタンドアロンで稼働するデスクトップ環境では一般的に信頼されたコードしか実行されないため、この脆弱性の影響を受けにくいとも説明している。

 同社はユーザーに、更新版を可能な限り早く適用することを強く推奨している。なお、米国時間の4月19日にはOracle製品の定例セキュリティアップデートの公開も予定されている。

javaupdt002.jpg 更新版は必ず公式サイトから入手する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -