ニュース
» 2016年04月20日 08時15分 UPDATE

「Androidのユーザーを守った」、Googleがセキュリティ状況を報告

Google Playからのみアプリを入手している端末では、潜在的有害アプリが見つかったのは0.15%未満。セキュリティアップデートの対象となるAndroidは全体の70.8%だった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは4月19日、Androidのセキュリティに関する2015年版の報告書を発表し、Google Play経由でインストールされた不正アプリの減少などを報告した。脆弱性修正のためのセキュリティアップデートでは、Android全体の70.8%をカバーしていることも明らかにした。

 マルウェアなどの不正アプリに対しては、2015年に対策を大幅に強化したと報告。Androidにインストールされたアプリは1日当たり60億本のペースでマルウェアや潜在的な有害アプリ(PHA)をチェックしたほか、1日当たり4億台の端末をスキャンして、ネットワークベースの攻撃や端末上に存在するリスクからユーザーを守ったとしている。

 Google Play経由でPHAがインストールされる確率は、2015年にセキュリティ対策を強化したことにより、2014年に比べ40%減って0.08%になった。Google Playからのみアプリを入手している端末のうちPHAが見つかったのは0.15%未満だったのに対し、別の場所からもアプリを入手している端末では約0.5%にPHAが見つかったという。

andrsecu002.jpg Google PlayとGoogle Play以外で有害アプリがインストールされた割合(Googleより)

 Google Playの外でPHAをインストールしようとする事例は増加傾向にあるといい、同社は不正なアプリをチェックするサービス「Verify Apps」の強化を図るなどしてそうした動きに対抗している。

 2015年にリリースされた「Android 6.0 Marshmallow」には新しいセキュリティ機能が盛り込まれ、相次ぐ深刻な脆弱性の発覚を受けて8月からはAndroidの月例セキュリティ情報を公開するようになった。しかしセキュリティアップデートの対象となるAndroid 4.4.4およびそれ以降のバージョンを搭載している端末は、全体の70.8%にとどまる。

 2015年に公開された脆弱性修正パッチの重要度は、「最大(Critical」が69件、「高」54件、「中」34件、「低」16件だった。パッチで対処した脆弱性の総数は2014年より94件増えているが、これは外部の研究者に賞金を提供するプログラムで、Androidの脆弱性発見を促した影響が大きいと分析している。

andrsecu001.jpg Androidのセキュリティへの取り組み(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -