ニュース
» 2016年05月13日 17時45分 UPDATE

多数の匿名FTPサーバが不適切に公開? 請求書や名簿など見つかる

個人以外では中小企業が大半を占め、ラックが状況確認を呼び掛けている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のラックは5月13日、多数の匿名FTPサーバがインターネットからアクセス可能な状態にあることを確認したと発表した。取引先情報や社員名簿などのデータを誰でも閲覧できてしまうため、企業などに確認を呼び掛けている。

 同社によると、公開状態にある匿名FTPサーバは約3400あり、組織や個人のものだという。明確な目的以外で公開しているのは、個人以外では大半が中小企業とみられる。アクセス可能なデータの多くは公開しても問題がないとみられるものの、請求書や見積書、年賀状の送り先一覧、従業員名簿、メールのバックアップなどのデータが見つかったとしている。

匿名FTPサーバとは?(@ITより)

 匿名FTPサーバは、インターネットを介してファイルを共有する方法としてインターネットの黎明期に普及したが、現在は手段の多様化であまり利用されていない。

 明確な目的以外で公開状態にある匿名FTPサーバは、アクセス権限の設定不備など管理が適切に行われていない可能性が高く、ラックでは以下の原因を挙げている。

  • 不特定多数に対して公開しているサーバであるとの認識がない
  • 過去に使ったFTPサーバが利用者のいなくなった今も停止されずに放置されている
  • 社員が自宅などで作業するため個人でFTPサーバを設置しており、組織としてサーバの存在を認識していない
内部情報が公開状態の匿名FTPサーバのイメージ(ラックより)

 不適切な公開状態を放置した場合、第三者が情報を取得してサイバー攻撃などに悪用したり、違法なファイルの置き場として利用したりする恐れがあるほか、不適切な管理状態が信用問題につながり、特に企業では取引停止など事業に大きな影響が及ぶ危険があるという。

 ラックではFTPサーバの設置や運用状況を確認し、意図して外部公開している場合でもユーザーや権限が適切な状態にあるか、不審なファイルなどが保存されていないかをチェックして、業務での必要性を点検してほしいと呼び掛けた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -