ニュース
» 2016年05月24日 07時29分 UPDATE

Adobe、Web会議システム「Connect」の脆弱性を修正

Windows版のConnect 9.5.2までのバージョンのアドインインストーラに脆弱性が存在する。

[鈴木聖子,ITmedia]
Adobe Connect

 米Adobe Systemsは5月23日、Web会議システム「Adobe Connect」の脆弱性や不具合を修正するセキュリティアップデートを公開した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Windows版のConnect 9.5.2までのバージョンのアドインインストーラに、信頼できない検索パスの脆弱性が存在する。優先度は「3」と位置付け、管理者の判断でアップデートを適用するよう促している。

 脆弱性を修正した最新版となるConnect 9.5.3は、オンプレミス向けのインストーラを5月20日から開始。脆弱性のほかにも多数の不具合が修正された。

Adobe Connectの更新版情報

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -