ニュース
» 2017年05月30日 08時12分 UPDATE

Web閲覧でWindowsクラッシュも Microsoftのファイルシステムに問題報告

存在しないファイルを不正なパスで開こうとすると、Windows 7やWindows 8.1がクラッシュする問題が報告された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Microsoftのファイルシステム技術「NTFS」に、Windows 7やWindows 8.1をクラッシュさせることが可能な問題が報告された。Webページに不正なパスを仕込んでクラッシュを誘発させることも可能と伝えられている。

Windowsをクラッシュさせる

 コンピュータ情報サイトの「Bleeping Computer」によると、この問題はロシアのセキュリティ企業に勤務するプログラマーが発見し、ブログで詳細を公表していた。存在しないファイルを不正なパスで開こうとするとクラッシュが誘発されるといい、Webページに、画像ソースURLとして不正なパスをひそかに仕込み、読み込ませることも可能とされる。

 影響を受けるのはWindows VistaとWindows 7、Windows 8.1。一方、Windows 10は影響を受けないとされる。

 Webブラウザは、GoogleのChromeでは不正なパスの画像が読み込まれないためクラッシュは誘発されない。Windows 7にインストールされたInternet ExplorerとFirefoxについては、「Windowsがクラッシュする現象を確認した」とBleeping Computerは伝えている。

Bleeping Computer Bleeping Computerが詳細を報告

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ