ニュース
» 2017年06月30日 21時30分 UPDATE

マイクロセグメンテーションでセキュリティ環境を構築する米ShieldXの「APEIRO」国内販売開始

東京エレクトロン デバイスが、米国ShieldX Networksのファイアウォール(FW)「APEIRO」を販売開始。マイクロセグメンテーション技術を活用したセキュリティ環境の構築、運用が可能になる。

[ITmedia]

 東京エレクトロン デバイスは、米ShieldX Networksと販売代理店契約を締結し、ハイブリッド/マルチクラウド対応型セキュリティソフトウェア「APEIRO」の販売を6月29日に開始した。

 APEIROは、標的型攻撃に対する新たな対策手法として注目されるマイクロセグメンテーション技術を使ったファイアウォール製品。データセンター内の仮想化環境で細かく分割したセグメント間のアプリケーション通信を可視化して制御し、セキュリティ処理を行う。

 ファイアウォールの設定は全物理ホストの仮想化マシンで共有され、同一ネットワークセグメント内であっても通信を制御する。

 また、ネットワークの負荷、運用状況に合わせたトラフィック処理エンジンのスケールアウトが容易で、仮想マシンとネットワークはコントローラーによる一元管理によって、新規仮想マシンの作成や移動に伴う設定が不要になる。セキュリティポリシーも自動で適用されることから、システム管理者の管理工数と費用削減に寄与するという。

Photo 「APEIRO」

 APEIROは、マイクロセグメンテーション技術を利用した細かな通信監視、制御によって、マルウェア、脆弱(ぜいじゃく)性対策だけでなく、未知の脅威の検知、ブロックなども実施する。東京エレクトロン デバイスは、同製品の導入、構築、検証までをサポートし、ヘルプデスク対応を提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -