ニュース
» 2017年09月13日 08時30分 公開

Adobe、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正

Flash Playerに加えて、RoboHelpとColdFusionのセキュリティアップデートもそれぞれ公開した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは9月12日、Flash PlayerのセキュリティアップデートをWindows、Mac、Linux、Chrome OS向けに公開し、2件の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性に対処した。

Adobe Systemsがセキュリティアップデートを提供 Adobe Systemsがセキュリティアップデートを提供

 Adobeのセキュリティ情報によると、脆弱性はFlash Playerの26.0.0.151までのバージョンに存在する。悪用されればメモリ破損問題を突かれて不正なコードを実行される恐れがある。

 この問題は最新バージョンの27.0.0.130で修正された。特にWindowsとMac向けのアップデートは優先度が最も高い「1」に指定され、72時間をメドに適用するよう呼び掛けている。

 Adobeは同日、RoboHelpとColdFusionのセキュリティアップデートもそれぞれ公開した。RoboHelpのアップデートは優先度「3」、ColdFusionは「2」と位置付けている。

セキュリティアップデートの詳細を伝えるページ セキュリティアップデートの詳細を伝えるページ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ