ニュース
» 2017年09月20日 08時40分 公開

Apache Tomcat、リモートコード実行の脆弱性など修正

2件の脆弱性はTomcat 7.0.81以降のバージョンで修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Apache Software Foundationは9月19日、Apache Tomcatに存在していた2件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正したことを明らかにした。

 Apacheのセキュリティ情報によると、2件の脆弱性のうち「JSPアップロードを介したリモートコード実行」の脆弱性では、WindowsでHTTP PUTを有効にしている場合、細工を施したリクエストを使ってJSPファイルをサーバにアップロードされ、任意のコードを実行される恐れがある。

Apache Tomcat Apache Tomcatの脆弱性についての情報開示。JSPアップロードを介してリモートコードの実行ができてしまう

 もう1件の脆弱性では、セキュリティ制限をかわされて情報が流出する可能性がある。影響を受けるのはTomcat 7.0.0〜7.0.80までのバージョン。危険度は2件とも「重要」と評価され、いずれも7.0.81以降のバージョンで修正された。

Apache Tomcat Apache Tomcatのもう1つの脆弱性を突かれると、セキュリティ制限をかわされて情報が流出する可能性がある

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -