ニュース
» 2018年05月29日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Windows 7サポート終了まであと2年 “しぶしぶ”でも認めるWindows 10の真価とは

差し迫ったWindows 7サポート期限に対し、企業は否応なしにWindows 10移行計画を立てる必要がある。特にこれまで食わず嫌いで情報収集していなかった担当者は、これを期にWindows 10について知ってほしい。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 2020年1月14日、Windows 7のサポート期間がいよいよ終了となる。以後はセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む全てのサポートが受けられなくなる。更新プログラム適応漏れを攻撃してくるマルウェアが存在する現在では、「まだ使えるから更新プログラムが無くても大丈夫」などとは言っていられない。

 独自調査でWebブラウザやOSのシェア情報を公開しているStatCounter Global Statsによると、2017年11月時点でWindows 7とWindows 10の利用シェアは共に40%程度となっている。この40%のWindows 7利用者はサポート切れのタイミングで“しぶしぶ”でもWindows 10への移行をしなければならない。

 本稿ではWindows 7利用企業がどのような課題を持ち、どのように向き合っているかを調査し、まとめた。同様にWindows 7との比較を基にWindows 10がもたらすメリットについてもまとめている。Windows 10移行のための参考になれば幸いだ。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -