ニュース
» 2018年06月01日 10時00分 公開

「Git」に任意のコード実行の脆弱性、更新版で対処

悪用された場合、標的とするシステム上で任意のコードを実行されたり、システムメモリの一部を取得されたりする恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo 分散型バージョン管理システムの「Git」に脆弱性が見つかった(写真提供:アフロ)

 分散型バージョン管理システムの「Git」に深刻な脆弱性が発見され、5月29日付でリリースされた更新版のバージョン2.17.1と、2.13.7、2.14.4、2.15.2および2.16.4で修正された。

 Git開発チームの発表によると、今回の更新版では2件の脆弱性に対処した。脆弱性は、Gitでサブモジュールのリポジトリをクローンする際の検証が不適切な問題に起因する。

 細工を施したリポジトリを使ってこの問題を悪用された場合、リモートの攻撃者によって標的とするシステム上で任意のコードを実行される恐れがある。また、システムメモリの一部を取得されてしまう可能性も指摘されている。

 米MicrosoftのDevOpsブログによれば、脆弱性を修正した「Git for Windows 2.17.1(2)」も同日公開された。Microsoftは全ユーザーに対し、できるだけ早くGitクライアントを更新して脆弱性を修正するよう呼び掛けている。MicrosoftのVisual Studio 2017向けのホットフィックスも間もなくリリースを予定しているという。

photo 米MicrosoftのDevOpsブログ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -