「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news026.jpg

大切なのはそれがズボンなのかパンツなのかということだ!!――「ストライクウィッチーズ みんながいるからできること!」イベントリポート (1/2)

人気アニメ「ストライクウィッチーズ」のファン感謝トーク&ライブイベント「みんながいるからできること!」が東京・両国のKFCホールで開催された。

 オリジナルアニメとしては異例の人気を獲得し、すでに第2期の放映も決まったアニメ「ストライクウィッチーズ」のファン感謝イベントが4月5日、東京・両国のKFCホールで開催された。当日は高倍率となった抽選を勝ち抜いた400人近くものファンが集まった。

 展示会場では今夏ラッセルから発売予定のプレイステーション 2用ソフト「ストライクウィッチーズ あなたとできること」のプレイアブル出展や作中に登場した銃火器、作品をイメージしたブルゾンなども展示され、大きな賑わいを見せていた。中でもまめフィギュアコレクションにはひっきりなしにファンが殺到しており、キャラクター人気の高さがうかがえた。

wk_090401witch01.jpgwk_090401witch02.jpgwk_090401witch03.jpg

wk_090401witch04.jpgwk_090401witch05.jpgwk_090401witch06.jpg 当日の展示品たち。一部の商品は販売もされていた

wk_090401witch07.jpgwk_090401witch08.jpg

wk_090401witch09.jpgwk_090401witch10.jpgwk_090401witch11.jpg 大きな注目を浴びていたまめフィギュアコレクション。限定特典のウィッチネウロイも展示されていた

いきなりのライブパートに早くも会場の熱が上がる

 待望のステージイベントが始まると石田燿子さんが第1期のオープニングテーマ、「STRIKE WITCHES 〜わたしにできること〜」をフルコーラスで熱唱! いきなりのライブ展開に観客が戸惑うのではないかと思いきや、手拍子あり、ウルトラオレンジのサイリウムありと、本イベントを楽しむ気持ちに抜かりはない。

wk_090401witch115.jpgwk_090401witch12.jpg 当日のステージと開幕から熱唱する石田燿子さん(右)

 歌い終えた石田さんに早速インタビュー。本作のオープニングテーマを依頼されたときの心境としては、「当時はバラードを中心に歌っていたのですが、空の青いイメージがあったりして爽やかな曲なのかな、と思っていたら本当にイメージ通りの楽曲だったので、ライブで歌ったら盛り上がるだろうなってワクワクしました。(宮藤)芳佳ちゃんの想いが歌詞に入っているので、ストレートな志を真っ直ぐ届けようという気持ちで歌っています」とコメント。続いてお気に入りのキャラクターについて問われると、「芳佳ちゃんの挫けても頑張っていく姿を見ると男子感覚になって、可愛いなってきゅんとしちゃいます(笑)」と微笑みながら答えてくれた。多くのウィッチーズに強力なライバル登場といったところか。

キャストが登場し、座談会形式でイベントが進む

wk_090401witch13.jpg 当日集まったウィッチーズのみなさん。左から小清水亜美さん、園崎未恵さん、門脇舞以さん、福圓美里さん、仲井絵里香さん、野川さくらさん、花澤香菜さん

 ここでお待ちかね、メインキャストの皆さんが登場。宮藤芳佳役の福圓美里さん、ゲルトルート・バルクホルン役の園崎未恵さん、エーリカ・ハルトマン役の野川さくらさん、シャーロット・E・イェーガー役の小清水亜美さん、サーニャ・V・リトヴャク役の門脇舞以さん、エイラ・イルマタル・ユーティライネン役の仲井絵里香さん、諏訪天姫役の花澤香菜さんの7人が着席する。

 残念ながら他のウィッチーズについては福圓さんから「別の任務中です(笑)」とのコメントがあったが、今回は別の任務に赴いたウィッチーズをフォローするために、キャラクターデザインの島田フミカネさん、世界観設定の鈴木貴昭さんが登場。作品の骨組みと肉付けを担当した2人の登場に観客も喜ぶ。高村和宏監督も参加する予定だったそうだが、“第2期の脚本”という手強いネウロイとの戦いで知恵熱を出し、欠席とのこと。より良い作品を届けてくれることに期待したい。

 冒頭で福圓さんが、放送が終了して印象に残ったできごとについて「アニメにそれほど詳しくない友だちから質問されたり、角川書店さんの新年会で司会をやらせていただいたりと、改めて人気作品だったんだなと実感してます」とコメント。その後は他のキャストが自信の演じたキャラクターについて、また、お気に入りのキャラクターについてひと言ずつ述べる展開へ。それぞれの発言を簡単にまとめたので、お気に入りのキャラクターを思い出しながらニヤニヤしてもらいたい。

門脇さん アニメが終わって秘め歌CDなどでしゃべるようになって、初めてこんなに会話をしたっていう感動がありました(笑)。アニメで一生懸命戦ってくれて、ファンのみなさんの支えのおかげでこの機会に恵まれたことがすごく嬉しいです。お気に入りのキャラについては、相方のエイラが自分の役のように大好きです。

仲井さん 秘め歌CDでいっぱいしゃべらせていただいて、本当に秘めてることがあったんだなって感じました(笑)。(サーニャとの)デュエットでは2人が感じていることが出ていてすごく嬉しかった。一緒に歌っているとますますサーニャが好きに……。(ここで門脇さんと見つめあい、ちょうど間に挟まれていた福圓さんが「居心地悪いー(笑)」と苦笑する)

園崎さん 宮藤が好きに決まってる(笑)。豆だぬきといわれてる宮藤が可愛くてしょうがない! けど実は個人的にはシャーリーのような快活で男気のある、でもちょっと女らしいキャラに憧れていて、今日は(小清水さんが)お隣で嬉しゅうございます。現場では最年長ということもあり本当に妹たちを見ているようで、色んな人たち、色んな事件とぶつかりながら、傷つきながら頑張っている姿を見るとお姉ちゃんは泣かずにはいられないの(笑)。

野川さん エーリカは最初かっこいいのかと思っていたらずぼらだったのでびっくりしました。秘め歌CDでは双子のウルスラも演じることができて嬉しかったです。エーリカを演じているのでトゥルーデも愛していますが、今ではウルスラが一番好きになりました。

小清水さん シャーリーはスピード狂なんですよね。はじめ、おっとりした子なのかと思ってたら男らしい面もあって、巨乳だからといっておっとりしているわけでもないことが新鮮でした(笑)。一番掛け合いが多いのはルッキーニで、(役を演じた)斎藤千和ちゃんがアドリブで擬音を言ったりするのでそれに毎回萌え萌えしてました(笑)。好きなキャラでバルクを言おうとしていたので、まさかシャーリーといってもらえるとは……。(ここでもカップルが成立し、小清水さんと園崎さんが見つめ合う)

花澤さん まだ本編では二言くらいしかしゃべっておらず、今もキャラが定まっていなくてドキドキしてます。おっとりしていて、ちょっと天然だけど頑張るタイプだと聞きました。2期に登場できたらいいなっていう気持ちでここに座っています。

 多くのアニメファンを魅了したキャラクター原案の島田さんは「キャラクターデザインというとクライアントから色々と条件を出されたりするのですが、ストライクウィッチーズは本当に自由にやらせていただけたので、趣味だだ漏れになりつつも全員可愛く、捨てキャラを出さず、ミリタリーモノなのであまり派手にしないことを意識してデザインしました」とコメント。その情熱が今の人気に反映されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping