ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「園崎未恵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「園崎未恵」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ぷよぷよ」が今年めでたく24(ぷよ)周年! ぷよぷよづくしの8(2×4)時間放送決定
「『ぷよぷよテトリス』24連勝するまで帰れません」もやります。(2015/1/14)

「ぷよぷよ」の声優大集合! 最強プレーヤーも決定する「ぷよぷよフェスタ2012」ライブ配信
テレビゲーム「ぷよぷよ」の発売20周年記念イベント「ぷよぷよフェスタ2012」をライブ配信する。声優でアルル・クルーク役の園崎未恵さん、アミティ役の菊池志穂さんらが出演し、トークや歌で盛り上げる「ぷよぷよ声優スペシャルステージ」や、「ぷよぷよ最強プレーヤー」を決める「ぷよぷよチャンピオンシップ」を届ける。配信は2月5日13時0分〜。(2012/2/1)

東京ゲームショウ2011「ぷよぷよ!! ステージ」
東京ゲームショウ2011 セガブースで行われる「ぷよぷよ!! ステージ」を生中継。園崎未恵さんや菊池志穂さんなどぷよぷよ!!の声優によるによるトーク&ライブを行う。配信は9月17日10時30分〜。(2011/9/16)

「サクラ大戦」巴里花組&紐育星組のライブ開催!! ブラウザゲーム開始時期も発表
(2010/12/13)

Web先行受付が10月15日からスタート――「サクラ大戦 巴里花組&紐育星組ライブ2010」12月に開催決定
今回の「サクラ大戦」ライブは巴里花組、紐育星組がダブルメインで登場。10月15日から、公式サイトでの先行チケット販売受付がスタートする。(2010/9/30)

大切なのはそれがズボンなのかパンツなのかということだ!!――「ストライクウィッチーズ みんながいるからできること!」イベントリポート
人気アニメ「ストライクウィッチーズ」のファン感謝トーク&ライブイベント「みんながいるからできること!」が東京・両国のKFCホールで開催された。(2009/4/23)

「フラジール 〜さよなら月の廃墟〜」レビュー:
朽ちる、崩れる、誰もいない――“廃墟”で繰り広げられる物語は切なくも温かい
シャッターばかりの地下商店街に、無人の遊園地、寂れたホテル……。美しくたたずむ廃墟を冒険するRPG「フラジール〜さよなら月の廃墟〜」。オリジナルの新作として期待を集めた個性派タイトル。その世界が醸し出す雰囲気は、何とも言えず魅力的だった。(2009/2/4)

「姫キュン」システムってなんだ?――「シュミッドディーヴァ」
NHN JapanのWindows用オンライン戦略カードゲーム「シュミッドディーヴァ」において、姫の新たな一面が見られる日本運営独自企画「姫キュン」システムが実装される。(2008/8/11)

「サクラ大戦・紐育レビュウショウ〜歌う♪大紐育♪3〜ラストショウ」開催決定
(2008/6/11)

工画堂スタジオ、「状況開始っ!」と「AS〜エンジェリックセレナーデ」の普及版を発売
(2008/3/24)

「BIOSHOCK」公式サイトでプレイムービーを順次公開
(2008/2/14)

サクラ大戦専門ショップ「太正浪漫堂&Sakura Cafe」閉店へ
(2008/2/1)

「BIOSHOCK」日本語吹き替えムービーを公開
(2008/1/22)

「ナイツ〜星降る夜の物語〜」オリジナルサウンドトラック発売
(2007/12/14)

園崎未恵さんのミニアルバム発売記念ライブを開催
(2007/7/2)

「サクラ大戦・紐育レビュウショウ〜歌う♪大紐育♪2」開催――ボーカルアルバムも発売
(2007/5/30)

WAVEMASTERの年末イベントを12月3日に開催――杉山紀彰さん、園崎未恵さんなどが登場
(2006/10/13)

「サクラ大戦 紐育レビュウショウ」は“新鮮さ、初々しさ、危うさ”をはらんだ舞台!?――記者会見
2006年3月18日、19日の2日間にわたり、新宿文化センターで開催される「サクラ大戦 紐育レビュウショウ〜歌う♪大紐育♪〜」。その記者会見が、作/総合プロデューサーの広井王子氏を始めとする8名参加のもと行われ、舞台の見どころなどが語られた。(2006/2/27)

紐育星組は初参加、新たな公演も発表――「サクラ大戦 ディナーショウ2005 新次郎のクリスマス IN TOKYO」
2005年12月23日、恒例となった「サクラ大戦」のディナーショウ、「サクラ大戦 ディナーショウ2005 新次郎のクリスマス IN TOKYO」が、ヒルトン東京にて開催された。(2005/12/26)

「サクラ大戦V」がラジオジャック?
(2005/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。