ニュース
» 2005年02月16日 23時51分 UPDATE

狙いは家電と携帯電話――Airgoが日本法人を設立

最大108Mbpsを実現する無線LAN技術「True MIMO」の米Airgo Networksが日本法人を設立した。家電や携帯電話への展開も視野に入れ、メーカーが多く存在する日本で営業力とサポートを拡充するのが狙いだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 米Airgo Networksは2月16日、日本法人「エアゴーネットワークス」を開設すると発表した。家電や通信機器のメーカーが多く存在する日本で営業力とサポートを拡充するのが狙い。挨拶に立ったエアゴーネットワークスのロバート・ディマルティーノ社長は、「FTTHの普及した日本では、ブロードバンドを無線化する上で100Mbpsのスループットが求められる。シングルチャネルで100Mbpsをきちんとサポートできる“True MIMO”が重要な役割を果たす」と胸を張った。

photo エアゴーネットワークスのロバート・ディマルティーノ社長

 Airgoといえば、MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術のパイオニア的存在(関連記事)。同社の「True MIMO」は、複数のアンテナをアレイ状に並べたスマートアンテナ技術と、アンテナから入ってくる“複数の信号”を同時に処理できるカスタムDSP技術を中心としたもので、IEEE 802.11a/gのOFDMと組み合わせて最大108Mbps(理論値)のスループットを実現する。

photo True MIMOでは、送信側に2本、受信側に3本のアンテナを利用する。送信側でデータを2系統に並列化し、別々のアンテナから送信。受信側で受けた信号に対して行列演算を行い、もとの2系統に分離するという複雑な手順だ。2系統のデータを一度に伝送できるため、理論的にはIEEE 802.11a/g(54Mbps)の倍のスループット(108Mbps)になる

 実際の使用環境でも、距離が近ければ、UDPで70Mbps前後、オーバーヘッドの大きいTCP/IPでも40Mbpsの実効速度を叩きだすという。デモンストレーションでは、MPEG-2/10Mbpsでエンコードした動画を無線LAN経由でストリーミング再生。パソコンのデスクトップに4つの画面を並べてみせた。

photo デモンストレーションの様子

 また、IEEE 802.11a/gとの互換性、そして高速化に伴うエリア拡大もメリットだ。「たとえば、スループットが10Mbpsのアプリケーションなら、従来(IEEE 802.11a/g)の3倍に当たる範囲をカバーできる。しかも、受信側/送信側の一方しかTrue MIMOに対応していない場合でも、2割から3割のエリア拡大が見込める」(エアゴーネットワークス技術アプリケーション担当ディレクターの高樹映児氏)。

photo 距離とスループットの関係

 同社はTrue MIMOとOFDMを統合したチップセットと各種リファレンスデザインをメーカーに提供しており、既にリンクシスやネットギア、バッファロー、プラネックスなどがTrue MIMO対応の無線LAN製品を発表済み。また、太陽誘電も生産パートナーとして名乗りを上げており、日本市場とのパイプは太い。

photo 会場に並べられた各社の製品
photo True MIMOチップを搭載したPCカードタイプのリファレンスデザイン

 ただし、エアゴーが狙っているのはパソコン用の無線LANだけではない。家電への組み込みや4G携帯電話へのチップ提供も視野に入れ、着々と開発を進めている。ディマルティーノ社長は、「テレビなど家電製品のネットワーク化は、日本のメーカーが牽引している」と指摘した上で「今後1-2年のうちに家電や組み込みデバイスなどにも(True MIMOが)採用されるようになるだろう」と予測した。

 また、携帯電話向けチップセットを開発する計画も明らかにしている。「消費電力の問題もあり、実現するのは1年後か、それ以降になるだろうが、既にモバイル用途に求められる条件の検討を始めた」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)