ニュース
» 2012年06月06日 15時42分 UPDATE

デノン、3系統のHDMI出力を備えたAVアンプ上位モデル「AVR-3313」

ディーアンドエムホールディングスは、デノン・ブランドのAVアンプ上位モデル「AVR-3313」を7月上旬に発売する。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは6月6日、デノン・ブランドのAVアンプ上位モデル「AVR-3313」を発表した。価格は15万7500円で、7月上旬に発売する。

ts_denonavr06.jpgts_denonavr07.jpg 「AVR-3313」。フロントパネルにはアルミを使用。フラップ内にHDMI入力などを備えている

 全チャンネル同一レスポンス&クオリティーのディスクリートアンプを搭載した7.2ch対応AVアンプ。ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioに加え、フロントハイトやワイドチャンネルによりサラウンド空間を拡張するAudyssey DSX、ドルビーPro Logic IIzに対応。フロントハイト、ワイド専用スピーカー端子を装備し、アンプアサイン機能でスピーカーを選択できる。

ts_denonavr05.jpg スピーカーアサイン機能

 ネットワークオーディオ機能も充実。デザインを一新したiPhone用アプリ「New Denon Remote App」対応をはじめ、アップルの「AirPlay」やインターネットラジオ、96kHz/24bitのFLACファイル再生などに対応した。また、2012年夏のファームウェアアップデートにより、192kHz/24bit対応(WAV、FLAC)やApple Losslessの再生、ギャップレス再生に対応するという。またNew Denon Remote AppのAndroid版も夏にリリース予定となっている。

ts_denonavr04.jpg デザインを一新したiPhone用アプリ「New Denon Remote App」

 3系統のHDMI出力は、うち2つが同時出力に対応。メインゾーンでテレビとプロジェクターなどを接続して使い分けることができる。もう1つのHDMI出力は、ゾーン2となり、メインゾーンとは別のソースを楽しめる仕様だ。なお、メインゾーンの2系統は4Kアップスケーリング&パススルー、ARC、CECをサポート。ゾーン2用の1系統は4Kパススルーのみをサポートする。

ts_denonavr02.jpgts_denonavr03.jpg 背面端子。3系統のHDMI出力(右)

 HDMI入力は7系統で、うち1つはフロントパネルに設けた。そのほかの映像入出力端子は、コンポーネントビデオ入力2 コンポーネントビデオ出力1、アナログ映像入力4(フロント1)、アナログ映像出力3。音声入出力は、音声入出力端子/アナログ音声入力6(フロント1)アナログ音声出力3、光デジタル入力2、同軸デジタル入力2、Phono入力、7.2chプリアウトなとどとなっている。このほか、同社が次期Blu-ray Discプレーヤーに搭載する予定の「Denon Link HD」端子(イーサネット)を備えており、HDMIのジッター・フリー伝送を実現するという。

 外形寸法は、434(幅)×167(高さ)×382(奥行き)ミリ。重量は12キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう