プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

4.6型の「Xperia X Compact」、防水対応でドコモから発売

ドコモが「Xperia X Compact」を11月上旬に発売する。日本の3キャリアで扱うのはドコモのみ。海外版では動作保証外の防水にも対応する。

[PC用表示]

 NTTドコモが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia X Compact SO-02J」を11月上旬に発売する。

Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Compact SO-02J
「Xperia X Compact SO-02J」。カラーは左からミストブルー、ホワイト、ユニバースブラック、ソフトピンク

 海外でも発表されたXperia X Compactのドコモ版で、日本の大手キャリアではドコモのみが扱う。幅65mmのボディーに4.6型HD(720×1280ピクセル)ディスプレイを搭載しており、幅72mmの「Xperia XZ」よりも細く片手で持ちやすい。カラーはミストブルー、ホワイト、ユニバースブラック、ソフトピンクの4色。ソフトピンクは海外では未発表のカラーだ。

 海外版では防水に対応していないが、SO-02JはIPX5/IPX8の防水と、IP5Xの防塵(じん)に対応した。SO-02Jでは防水・防塵テストが済んでおり、動作保証をするかどうかが違いとなる。海外版と本体の構造は変わらない。

 Xperia XZと同じくループ形状のデザインを採用し、背面から側面に掛けてラウンドさせてフィット感にこだわった。背面素材は金属ではなく樹脂だが、「白」「シルバー」「端末色」「光沢」という4層の塗装(多層コーティング)をすることで、陶器のようなツヤ感を表現した。

Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Compact SO-02J

 アウトカメラとバッテリーはXperia XZと同等の進化を果たした。カメラは暗い場所でもピントを合わせやすい「レーザーAF」、ホワイトバランスを正しく認識する「RGBC-IRセンサー」、5軸の手ブレ補正機能を新たに搭載。ユーザーの生活サイクルに合わせて充電サイクルを調整し、2年使ってもバッテリーを劣化しにくくする「いたわり充電」も採用した。

 従来のCompactシリーズでは2GBだったメインメモリは3GBにアップ。外部接続端子はXperia XZと同じくUSB Type-Cを採用した。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 650」で、通信速度は下り最大262.5Mbpsにとどまる(XZは下り最大500Mbps)。ワンセグは対応するがフルセグは利用できない。VoLTEの音質をさらに高める「HD+」にも対応しない。

Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Compact SO-02J
「Xperia X Compact SO-02J」の主な仕様
機種名 Xperia X Compact SO-02J
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 650 M8956/1.8GHz 2コア+1.4GHz 4コア
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約4.6型HD TFT液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約850分(LTE)、約730分(3G)、約620分(GSM)
連続待受時間 約540時間(LTE)、約600時間(3G)、約470時間(GSM)
バッテリー容量 2700mAh
アウトカメラ 有効約2300万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
ボディーカラー ミストブルー、ホワイト、ユニバースブラック、ソフトピンク
サイズ 約65(幅)×129(高さ)×9.5(奥行き)mm
重量 約135g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る