キーワードを探す
検索

「NTTドコモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

NTTドコモの決済サービス「d払い」が、同社の非接触IC決済プラットフォーム「iD」に対応する。第1段階では、既存の「dカードmini」を置き換える形で、ドコモのAndroid端末で利用できるようにする。第2段階ではウォレット残高の利用に対応し、iPhoneでも利用できるようにする計画だ。

()

大阪には、東京と比べて夜間に町を歩く訪日観光客が少ないという課題がある。地元商店会や大阪観光局、NTTドコモ、JTBなどは夜間も楽しめるコンテンツを考える協議会を設立。AR技術などを活用して消費拡大を目指す。

()

NTTドコモが、コード決済サービス「d払い」において、毎月、特定のジャンルや店舗でのキャンペーンを行う。コンビニでのキャンペーンや、キャッシュレス・消費者還元事業の還元率5%の対象店舗でのキャンペーンなどを順次実施する。

()

NTTドコモは、同社を装いdアカウント情報や銀行口座のログイン情報を盗み取ろうとするSMSを確認。記載されたURLにアクセスするとdアカウントのID/パスワードや銀行口座のログイン情報を詐取され、不正利用される被害が発生している。

()

渋谷と広島の会場をドコモの5Gで接続し、遠隔でのダンスレッスンを実施。5Gを活用した動画をストリーミング配信し、渋谷から広島にいる子どもたちに遠隔でダンス指導を行った。地方ではダンス指導者の確保が難しいという課題もあり、5Gや映像などの先端技術を活用したレッスンが求められている。

()

 携帯電話大手3社の令和元年9月中間連結決算が5日、出そろった。10月からの端末代金割引などの規制変更への対応で顧客を囲い込むための費用がかさみ、NTTドコモとKDDIが営業減益となった一方、契約数が伸びたソフトバンクは増益を確保した。

()

NTTドコモは、11月11日にネクス製USB型データ通信製品「UX302NC-R」を発売。同社のLTE/3Gネットワークに接続でき、アンテナやSIMスロットも備えている。2つのLEDで電波状態およびステータスなどを詳細に表示し、国際ローミングにも対応する。

()

NTTドコモとKDDIは、2019年度上期の決算説明会を開催した。ドコモは前年同期比で減収減益。KDDIは増収減益だが、2四半期単独の営業収益は増収に転じた。ドコモは分離プランを2019年6月に導入したのに対し、KDDIは先行して分離プランへのシフトを進めていたことで結果が分かれた。

()

NTTドコモが「V30+ L-01K」に対するOSバージョンアップを開始。自動調整バッテリー機能や横画面へのワンタッチ固定といったAndroid 9の新機能の他、Webサイトのスクリーンショットから当該サイトへジャンプできる機能など、メーカー独自の新機能が追加される。

()

NTTドコモは2019年10月18〜27日の期間、東京ミッドタウン ガレリア 地下1階のアトリウムで「ドコモとデザイン」をテーマに、プロダクトデザインに対する同社の姿勢や思いを伝える展示イベントを開催。未公開のアイデアスケッチや貴重なプロトタイプの数々を見ることができる。

()

ドコモが、Androidの最新OSである「Android 10」にバージョンアップ予定の機種を案内した。各製品のバージョンアップ開始時期は、別途案内される。Android 10は、ダークテーマやジェスチャーナビゲーションなどを特徴とする。

()

NTTドコモが運営する「dカーシェア」で、個人が貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で発生。発生時期は7〜8月で、被害に遭った車は3台。大阪府警による捜査の結果、現在は全て持ち主の元に戻っているという。

()

ドコモは、コード決済サービス「d払い」を対象のドラッグストアで利用すると、通常進呈のdポイントに加え、決済金額の10%となるdポイントを還元するキャンペーンを実施する。期間は11月1日から11月14日まで。あらかじめキャンペーンサイトからエントリーする必要がある。

()

ドコモは「4Gの集大成」とするスマートフォンをはじめとする7機種を発表。対するauは、記者会見こそ開催しなかったが、10月10日にフォルダブルスマートフォンの「Galaxy Fold」を独占的に取り扱うことを発表。2社のラインアップに対する考えを読み解く。

()

NTTドコモと東京海上日動が、AIを活用して保険商品を提案するサービス「AIほけん」を12月にリリースする。顧客が2〜5種の質問に答えると、ドコモが持つ家族構成や居住エリアなどのデータと合わせて分析。キャッシュレス決済サービスが不正利用された場合などに最大100万円を補償する新サービスも対象商品に含まれる。

()

10月からMNOとして一歩を歩み出した楽天モバイルですが、当面の間はMVNOサービスも並行して提供する見通しです。その他、KDDI、沖縄セルラー電話やソフトバンクも関連会社を通してMVNOサービスを提供しています。「MNOによるMVNOサービス」に良い顔をしていないのが、多くのMVNOに回線を提供しているNTTドコモです。

()

アナログ・デバイセズ(ADI)は、第2回名古屋カーエレクトロニクス技術展(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、同社の提唱する車載オーディオバス「A2B」技術や車載カメラバス「C2B」技術などに関する展示を実施。NTTドコモなどと共同で開発した快適な車内コミュニケーションが体験できるデモカーも用意していた。

()

NTTドコモ(以下、ドコモ)が2019年9月20日、5G(第5世代移動通信)プレサービスを開始した。同年9月18日に行われた記者発表会で、同社社長の吉澤和弘氏は「このプレサービスが、5Gの商用サービスへとつながる実質的なスタート」だと強調した。

()

NTTドコモは2019年9月18日、同月20日から5Gプレサービスを開始すると発表した。2020年春から開始予定の商用サービスと同じ環境で5Gを体験でき、5G活用ビジネスの展開が加速する期間と位置付ける。同社社長の吉澤和弘氏は「5Gが新しい生活や社会への扉を開く」と意気込む。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る