世界を変える5G

ドコモら、約4km上空から38GHz帯電波の5G通信に成功 HAPSの早期実用化へ

» 2024年05月28日 17時30分 公開

 スカパーJSAT、NTTドコモ、情報通信研究機構(NICT)、パナソニック ホールディングスは、5月28日に約4km上空からの38GHz帯での5G通信の実証実験成功について発表した。

 本実験ではHAPS(High Altitude Platform Station:高高度プラットフォーム局)への搭載を想定して開発した38GHz帯 5G NTN通信基地局とコアネットワーク装置をセスナ機へ搭載。38GHz帯電波を送受信するために開発した自動追尾機能をもつレンズタイプのアンテナをHAPS地上局として利用し、地上局3局とセスナ機搭載局との間で5G NR方式を用いて複数のデータ回線を確立した。38GHz帯電波で5G NR方式を使用した、上空中継の複数リンクからなるバックホール回線の実証は世界初をうたう。

NTTドコモ 実験イメージ
NTTドコモ 実験構成全体図
NTTドコモ 測定結果

 また、本実験ではHAPSの高度約20kmの成層圏での飛行条件を想定して、主にHAPS搭載用アンテナ/通信機器の追尾性能の実証、地上局アンテナ/通信機器の追尾性能の実証、HAPSネットワークへの回線切り替え/制御技術の実証、電波伝搬路での降雨減衰補償アルゴリズムの検証を行った。その結果、全ての項目で想定されていた開発目標が達成されていることを確認。HAPS実用化や制度化等に資する測定データも取得できた他、技術開発や性能向上に向けた課題などを整理できたとしている。

 HAPSを利用した非地上系ネットワーク(Non-Terrestrial Network)は、5G や6Gで通信エリアを拡大するカバレッジ拡張実現に有効な技術であり、今後は本実験で得られた結果を活用してHAPSの早期実用化とNTNの実現に向けて取り組むという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー