今日から始めるモバイル決済

「おサイフケータイ」20周年 ドコモが記念サイトを開設 各社もキャンペーンを実施

» 2024年07月10日 11時45分 公開
[井上翔ITmedia]

 2004年7月10日、NTTドコモは初めての「おサイフケータイ」(モバイルFeliCa)対応携帯電話を発売した。そして今日(2024年7月10日)、おサイフケータイは20周年を迎えた。

 このことを記念して、同社は7月10日に「おサイフケータイ 20周年特設Webページ」を開設。記念キャンペーンを9月2日まで展開する。

おサイフケータイ対応機種は累計で約1250機種

 世界初のおサイフケータイ対応機種は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ(現パナソニック コネクト)の「mova P506iC」だった(※1)。P506iCの発売以来、2024年3月末までに約1250機種のおサイフケータイ対応モデルが世に送り出されたという(※2)

(※1)厳密にはソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現ソニー)製の「mova SO504iC」と、NEC製の「mova N504iC」が初号機だが、両機種は試行サービス用の実験機という扱いで、市販されていない(参考記事その1その2
(※2)NTTドコモ/KDDI/ソフトバンク/フェリカネットワークス調べ

おサイフケータイ 世界初のおサイフケータイ対応機種「mova P506iC」(厳密には、一般販売される端末として初めてのおサイフケータイとなる)

キャンペーンの内容

 おサイフケータイの20周年を記念して、おサイフケータイ上で決済サービスを展開している各社が個別にキャンペーンを開催している。詳細は、各社のキャンペーンサイトで確認できる(一部、既に開始済みのものや、9月2日以降も継続するものがある)。

「おサイフケータイ」アプリアイコンも20周年仕様に

 現在、おサイフケータイは一部のAndroidスマートフォンに搭載されている。

 おサイフケータイが20周年を迎えたことを記念して、フェリカネットワークス(※3)は当面の間、「おサイフケータイ」アプリのアイコンを20周年記念仕様に変更する。7月10日以降、「Google Play」からおサイフケータイアプリをアップデートするとアイコンが変わる。

(※3)おサイフケータイを含む「モバイルFeliCaプラットフォーム」を提供する、NTTドコモ/ソニー/JR東日本(東日本旅客鉄道)の合弁会社

アイコン Androidスマホ向けの「おサイフケータイ」アプリは当面の間、20周年記念アイコンとなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月19日 更新
  1. Google、「Pixel 9 Pro」と「Pixel 9 Pro Fold」を8月13日に発表すると予告 予約限定特典も (2024年07月19日)
  2. 「iPhone 15 Plus」と「iPhone 13 mini(整備済製品)」がセール対象に【Amazonプライムデー】 (2024年07月16日)
  3. 「UQ mobile」の契約数が1000万回線を突破 記念キャンペーンを8月31日まで開催 (2024年07月18日)
  4. AppleのAI戦略発表はなぜ他社より大幅に遅れたのか 「Apple Intelligence」の真価を読み解く (2024年07月19日)
  5. どれを選ぶ? 3万〜5万円台「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較する (2024年07月17日)
  6. ドコモ前田社長が語る「d払い」の強み ポイント還元率は「他社に負けていない」、コンテンツは“ファン”を巻き込む (2024年07月18日)
  7. 月額290円からの「HISモバイル」はどれだけお得? データ容量別に比較 気になる通信速度も検証 (2024年07月19日)
  8. “Max”という名のスマホに落胆の声 Unihertzの新作「Jelly Max」に「マックスじゃない感」が漂うワケ (2024年07月19日)
  9. 出そろった「Galaxy Z Fold6」の価格を比較 ドコモ、KDDI、Samsungオンラインショップでお得なのはどこ? (2024年07月17日)
  10. 楽天モバイルが個人向けプランの「留守番電話」「割込通話」を有料化 12月利用分から (2024年07月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー