プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
連載

「HSDPA」に初対応! 下り最大3.6Mbpsで通信できる「N902iX HIGH-SPEED」(懐かしのケータイ)

W-CDMA(3G)の下り通信を高速化する「HSDPA」に国内向けケータイとして初めて対応した「N902iX HIGH-SPEED」。従来比で約10倍の高速通信に対応する“先進性”をアピールすべく、「ガンダム」をモチーフにしたデザインが採用されました。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのNEC製ケータイ「FOMA N902iX HIGH-SPEED」です。

「N902iX HIGH-SPEED」(閉じた正面)
「N902iX HIGH-SPEED」(開いた正面)
「FOMA N902iX HIGH-SPEED」

 ドコモのFOMAは「W-CDMA」という通信規格を採用しており、元々の下り最大通信速度は384kbps(理論値)でした。N902iXは、W-CDMA規格の下り通信速度を高める「HSDPA」という技術に日本のケータイとして初めて対応。HSDPAに対応する「FOMAハイスピードエリア」内において、従来の約10倍となる下り最大3.6Mbps(理論値)の高速パケット通信が利用できました。

 このHSDPAの高速通信を生かして、ドコモはダウンロード型音楽番組「ミュージックチャネル」を開始。もちろん、N902iXも対応していました。

「N902iX HIGH-SPEED」(閉じた裏面)
ニューロポインター周辺

 デザインは「ガンダム」をモチーフにしていて、メカニカルなデザインにすることで先進的なイメージを演出していました。これは当時、NTTドコモプロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部に在籍していた夏野剛氏が指示した「ガンダムっぽく」を反映したもので、正式なコラボ端末ではありませんでした。

 ちなみに、2か月遅れで新色として発売されたメテオレッドは、HSDPAの高速通信とメカニカルなデザイン、真っ赤なカラーリングから、通称「シャア専用ケータイ」と呼ばれることがありました。

アウトカメラ回り
左側面

(機材協力:携帯市場)

「N902iX HIGH-SPEED」の主な仕様

  • 発売日:2006年8月31日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:NEC
  • サイズ:約51(幅)×106(高さ)×25(奥行き)mm
  • 重量:約133g
  • メインディスプレイ:2.5型(×ピクセル)TFT液晶 26万2144色
  • サブディスプレイ:1型(120×90ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • アウトカメラ:有効約200万画素(記録400万画素)スーパーCCDハニカム
  • インカメラ:有効約33万画素CMOS
  • ボディーカラー:シグナスホワイト、チタニウムシルバー、メテオレッド

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る