ニュース
» 2007年05月22日 07時57分 UPDATE

IBM、「POWER6」と搭載サーバ「IBM System p 570」発表

処理速度を「POWER5」の2倍に高めたプロセッサ「POWER6」と、同プロセッサを搭載した新サーバを発表した。

[ITmedia]
yu_ibm.jpg POWER6搭載のIBM System p 570

 米IBMは5月21日、新プロセッサ「POWER6」を発表。同時に、POWER6を搭載した新サーバ「IBM System p 570」を発表した。

 動作周波数4.7GHzのPOWER6は、64ビットのデュアルコアプロセッサで、トランジスタ数は7億9000万個、2次キャッシュをオンチップで8Mバイト搭載する。IBMによれば、POWER6はPOWER5のほぼ2倍の処理速度を実現しながら、動作、冷却に必要な消費電力量はPOWER5とほぼ変わらない。またPOWER6のバンド幅は300Gバイト/秒で、iTunesの全カタログを約60秒でダウンロードできるという。POWER6は65ナノメートル(nm)プロセスで製造される。

 POWER6搭載のIBM System p 570は、UNIXサーバの主要パフォーマンスベンチマーク4種(SPECint2006、SPECfp2006、SPECjbb2005、TPC-C)で、いずれも過去最高を記録したという。

 IBMはPOWER6を、「System p」および「System i」サーバシリーズに搭載していく計画。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -