Special
» 2014年10月29日 10時00分 UPDATE

Daily Portal Z×ITmedia:「ペンは剣よりも強し」を実戦で検証する (1/4)

[PR/ITmedia]
PR
photo

 「ペンは剣よりも強し」というが、本当にペンは強いのだろうか。

 もちろん、このことわざの意味がペンを手に戦うことではないのは知っている。そんなことは百も承知の上で、大人同士がまじめにペンで戦ったらどうなるのか。

 ペンで戦うといっても、ボールペンや万年筆で引っかき合うのは危ないし、勝敗を付けるのが難しいだろう。時代はデジタルということで、デジタルペン(武器)とiPad(防具)を使って真剣勝負に挑む。

photo 中世ヨーロッパの剣士がデジタルペンを持ったらこう戦うはず

※この記事はワコムのiPad用スタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」とのコラボでお送りします。

まずは衣装から

 なんでこんな企画を思いついたかというと、最近のデジタルペンはとにかくすごいのだ。今回コラボする「Intuos Creative Stylus 2」は、ごく普通のiPadを筆圧検知機能を持つ液晶ペンタブレットに変えてしまうという代物である。

photo 指先の加減ひとつでいろいろな線が描けるのだ

 これをちゃんと絵を描ける人が使えば、きっと素晴らしい作品ができあがるだろう。でも残念ながらわれわれにそんな技術はない。そこで思いついたのが、「ペンを剣の代わりにして戦う(=描いた筆圧で競う)」というエセフェンシングみたいな競技だ。

 とはいっても、大人2人がペンで突っつき合ってもまったく迫力がない。そこでまずは服装から入ろうと、テレビ局などでも御用達の東京衣装になるべく決闘っぽい衣装を借りることにした。

photo ビフォー
photo アフター。王子(デイリーポータルZバイトの藤原さん)の美脚がまぶしい

 あとはお互いの首からiPadをぶら下げて、デジタルペンの筆圧感知機能をオンにすれば準備OK。

 相手のiPad画面をなるべく太く、力強い線で汚してやったほうが勝ちだ。

photo 藤原さんいわく「胸のiPadに何か書かれると屈辱的な気分になる」とのこと
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ワコム
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2014年11月28日

特集INDEX

人気絵師がデジタルツールで描いた作品がずらり。「Wacom Lab.」ではクリエイターを目指すかたがたに役立つ情報をお届けします。