ニュース
2015年07月24日 09時38分 UPDATE

コンバースのオールスター、98年目の初アップデートで足に優しく

スニーカーの老舗、米Converseが定番スニーカーのチャックテイラーを約100年ぶりにアップデートし、シルエットはそのままにNikeのインソール採用やベロの改良で履きやすくした「Converse Chuck Taylor All Star II」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 老舗スニーカーメーカーの米Converseは7月22日(現地時間)、1917年に発売した定番スニーカー「Chuck Taylor All Star」を初めてアップデートした新製品「Converse Chuck Taylor All Star II」を発表した。米国では28日に発売する。

 converse 1 Converse Chuck Taylor All Star II

 オリジナルモデルのシルエットはそのままに、インソールに親会社である米Nikeのインソール「Nike Lunarlon」を採用し、タン(ベロ)のクッション性も高めてすべらないようにするなど、足にやさしい設計になっている。

 converse 2 インソールにNike Lunarlonを採用

 米オンラインストアでは限定モデルを発売したが、数時間後に売り切れた。

 オリジナルモデルは、特にハイカットモデルは“アーティストやミュージシャンが創造性と自己表現のしるしとして”(Converseのプレスリリースより)愛用し、日本でも「バッシュ」として親しまれてきたが、設計が古いままなので、他社の最近のスニーカーと比較すると履きにくくなっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -