混乱広がるPSE法施行

電化製品の安全確認済みの印である「PSEマーク」がない中古品が販売できなくなる――2006年3月末の「電気用品安全法」(PSE法) の猶予期間終了を目前にして、その存在を最近まで知らなかった中古品販売業者や愛好家が反対や延期の署名活動やデモ行進を行うなど波紋が広がっている。

新着記事

改正PSE法が施行 PSEマークなしでも中古品の販売が可能に

ようやく改正PSE法が施行された。旧法に適合していれば、PSEマークなしでも中古の家電機器やゲーム機などを販売できるようになった。


経産省、PSE問題で幹部5人を厳重注意

甘利経産相は、AV機器などの中古販売に大混乱をもたらしたいわゆる「PSE問題」で周知を怠ったとして、幹部など5人を口頭で厳重注意処分にしたと発表した。


news061.jpg

「PSEで失ったもの、戻らない」――国のミスに振り回された中古店

「50年以上続けていた仕事を、なぜ突然奪われなくてはならないのか」──PSE法の本格施行が中古AV機器などの販売に大混乱を引き起こしてから1年以上がたった。経産省は法と運用のミスを認めて謝罪し、改正を急ぐ。だがこの間、中古店は売り上げが大幅に減るなどの経済的損失をこうむった。国に振り回された中古店が失ったものは大きい。


news088.jpg

PSE問題で経産省がミス認め謝罪 「立法時、中古品想定せず」

AV機器などの中古品販売に大混乱を起こしたPSE法について、経産省は「立法時、本格施行時にそれぞれミスをしてしまった」と認め、「多くの事業者に迷惑をかけたことを深くお詫びする」と謝罪した。秋にも改正法案を提出する予定だ。


「PSEマーク」なし中古家電の販売検討

「PSEマーク」なしで中古家電が販売できない問題について「PSEマークなしでも販売できるよう検討する」という内容が、経産省の小委員会の中間報告に盛り込まれた。


ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”

「これが入って、なんであれは除外なの?」「同じ機種が2度出てくる」――経済産業省が公開した、PSEマークなしで中古販売できるビンテージ機器リストが「あまりにお粗末」とネット上で波紋を呼んでいる。


PSEマーク不要の「ビンテージ物」、機種一覧を公開

PSE法問題で経産省は、PSEマークなしでも特別に販売を認める「ビンテージ品」の一覧を公開した。シンセサイザーなど約2000機種が対象となっている。


PSEなし中古品販売を事実上容認

経産省が方針を転換。PSEマークなしの中古品販売を「レンタル」とみなし、販売を事実上容認する新たな対応策を発表した。


news076.gif

「中古品、すべて除外を」――PSE法反対デモ

先週末、中古品のPSE法適用対象除外を訴えるデモ行進が都内で行われ、100人以上が都内を練り歩いた。


news083.jpg

PSE法、「ビンテージ品のみ除外」に困惑する中古業者

“ビンテージ品”のみPSEマークなしでも販売可能――経産省の方向転換に、対策を進めてきた中古業者が困惑している。「楽器だけを適用外とするのは不公平」との声も挙がっている。


news032.jpg

PSE法、ビンテージ楽器は「例外」に

「PSEマーク」なしの家電などが4月から販売できなくなる問題で、経済産業省は3月14日、“ビンテージ物”のアンプなど希少価値の高い電子楽器を同法の「例外」とし、PSEマークなしでも簡単な手続きで売買可能にすると発表した。


news040.jpg

「PSE法、対策至急考える」と経産事務次官

「規制は予定通り4月1日に始めるが、改めて対応策を考えたい」――電気用品安全法(PSE法)の猶予期限が切れ、4月以降中古家電製品の販売が大幅に制限される問題に関して経産省事務次官はこう述べた。


news094.jpg

廃業する中古店も 広がるPSE法の波紋、集会で訴え

中古家電の一部が販売できなくなるPSE法の本格施行まで1カ月を切った。廃業に追い込まれた中古店もあり、波紋は広がっている。


news017.jpg

「名機」が販売禁止に 4月に迫る「電気用品安全法」

2001年以前に製造されたAVアンプやシンセサイザーなどが、4月以降、販売できなくなる。「電気用品安全法」が本格施行されるためで、中古販売店は対応に追われ、愛好家も嘆いている。


「音楽の発展に支障」 坂本龍一氏らがPSE法緩和を求め署名活動

2001年より前に製造された電気製品などの販売を禁止する電気用品安全法の対象機器の緩和を求め、松武秀樹氏や坂本龍一氏ら電子音楽家が署名活動をWebサイトで始めた。



Special

- PR -

Special

- PR -