Special
» 2016年03月18日 10時00分 公開

ノートPCもデスクトップPCもより快適に:Windows 10をもっと便利にする「マルチディスプレイ」活用テク (1/2)

スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。

[PR/ITmedia]
PR

PCでの使い勝手にこだわった新OS「Windows 10」

 2015年7月29日、Microsoftの新OS「Windows 10」が一般公開された。Windows 7/8.1搭載デバイスは公開から1年間は無料でWindows 10にアップグレードできるとあって、個人ユーザーの移行は過去のWindowsよりハイペースに進みつつある状況だ。先進性より安定性を重視する法人ユーザーについても、2020年のWindows 7サポート終了をターゲットとして、Windows 10への移行が徐々に進んでいくと予想される。

 ノートPCやデスクトップPCでWindows 10を利用するうえで大きな変更点が「デスクトップUI(ユーザーインタフェース)の復権」だ。Windows 8/8.1で省かれてしまい賛否両論だったWindows 7以前の「スタートメニュー」を完全に復活させ、その中にタイル型のModern UIを統合したほか、マルチタスクの作業性を高める仮想デスクトップ機能も盛り込むなど、PCのデスクトップUIがより使いやすく進化した。

 デスクトップUIにこだわったWindows 10は、当然それを表示するディスプレイの設定にも手を加えており、「マルチディスプレイ」(1台のPCに複数のディスプレイを接続して、同時利用すること)の操作性を高めるための工夫も見られる。今回はまだ意外に知られていないWindows 10のマルチディスプレイ活用テクニックについて、ノートPCとデスクトップPCの両方で見ていこう。

ノートPCによるマルチディスプレイの例 EIZOの液晶ディスプレイ「FlexScan EV2455」を13.3型2in1ノートPC(VAIO Z)に接続した例。13.3型のノートPC内蔵ディスプレイに、大きな24.1型WUXGA(1920×1200ピクセル)の外付けディスプレイが加わることで、一覧性が大きく高まり、作業効率もアップする
デスクトップPCによるマルチディスプレイの例 2台のFlexScan EV2455をデスクトップPCにつないで拡張表示した例。24.1型WUXGA(1920×1200ピクセル)の画面を2枚横に並べて、横長の大画面で3840×1200ピクセルの高解像度を実現。複数枚のウィンドウを開いた際の作業効率が大きく向上する

Windows 10のディスプレイ設定を理解する

 Windows 10でマルチディスプレイ環境をセットアップするのは簡単だ。PCに2台目のディスプレイをつなぐと、Windowsが自動的にそのディスプレイを検出してデスクトップUIを表示してくれる。

 この際、デスクトップUIの表示方法はOSの「表示」メニューから選択可能だ。タスクバーから「アクションセンター」を起動して「表示」を選択するか、「Windows」+「P」のショートカットキーで「表示」メニューが呼び出せる。選択できる表示方法は以下の4種類だ。2画面にわたってデスクトップUIを拡張表示したい場合は「拡張」を選択する。

  • PC画面のみ:1台目のディスプレイだけに画面を表示する
  • 複製:2台目のディスプレイに1台目のディスプレイと同じ画面を表示する
  • 拡張:デスクトップUIを2台のディスプレイにまたがるよう拡張する
  • セカンドスクリーンのみ:2台目のディスプレイだけに画面を表示する
アクションセンター4種類の表示方法 タスクバー右下のアイコンから「アクションセンター」を呼び出し、「表示」をクリック(画像=左)。「表示」メニューでは、マルチディスプレイ接続時の表示方法を4種類から選択できる(画像=右)

 拡張した画面をより細かくカスタマイズするには、デスクトップUIの右クリックで表示されるメニューから「ディスプレイ設定」を選択し、「システム」の「ディスプレイ」メニューを起動する。

 ここから、2画面の位置関係、テキストなどの表示サイズ(拡大率)、表示の向き、上記4種類の表示方法、メイン/サブディスプレイの設定が可能だ。また、接続したディスプレイが表示されない場合、「検出する」をクリックすれば見つかることが多い(これで見つからない場合、ケーブルを接続し直したり、PCを再起動したりすることをおすすめする)。

 グレーの囲み内に表示された四角形「1」「2」は、2台のディスプレイの位置関係を示している。実際にディスプレイを置いている位置関係にぴったり合うよう「1」「2」をドラッグして動かして微調整するとよいだろう。

 昨今はフルHDを大きく超えるような画素密度が非常に高い高精細なディスプレイを備えたノートPCが増えているが、こうした製品に外付けディスプレイを接続すると、ノートPC内蔵ディスプレイと外付けディスプレイで文字やアイコンの表示サイズが大きく異なり、作業がしづらい場合がある。そんなときは「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のスライダーバーをドラッグして、表示サイズを近づけるのも有効だ。

デスクトップUIの右クリックメニュー デスクトップUIを右クリックして表示されるメニューから「ディスプレイ設定」を選択
「システム」の「ディスプレイ」メニュー 「システム」の「ディスプレイ」メニューでは、2画面の位置関係、表示サイズ(拡大率)、表示の向き、マルチディスプレイの表示方法、メイン/サブディスプレイの設定が可能だ

 「システム」の「ディスプレイ」メニューを下までスクロールすると、「ディスプレイの詳細設定」のリンクがあり、これをクリックすると、ディスプレイの解像度を設定できる。さらに「テキストやその他の項目のサイズ調整」のリンクをクリックすると、より細かな項目別のサイズ変更、カスタム拡大率の設定が可能だ。ディスプレイの画素密度や視聴距離、視力に合わせて、見やすいサイズに調整するのもよいだろう。

ディスプレイの詳細設定 「ディスプレイの詳細設定」メニューでは、ディスプレイの解像度を設定できる

 以上のようにWindows 10では新しい「設定」アプリが搭載され、通常はこちらの利用が推奨されているが、Windows 8.1以前の「コントロールパネル」も用意されている。PCに慣れたユーザーであれば、従来同様のコントロールパネルからディスプレイの各種設定をまとめて行うことも可能だ。

Windows 10はウィンドウの配置がより容易に

 Windows 10ではウィンドウを画面端にぴったり吸着させるスナップ機能がマルチディスプレイでも利用可能になり、利便性が高まっている。ウィンドウを画面の左右端までドラッグすれば、画面の左半分、右半分にそのウィンドウがすき間なく表示され、拡張デスクトップ表示でもそれぞれの画面端にピタッと吸着させることが可能になった。「Windows」+「←」もしくは「→」のショートカットキーでも同様の操作が可能だ。

 また、スナップ機能で左右の片方にウィンドウを吸着した際、反対側の空いている領域にはその他に開いているウィンドウがサムネイルで一覧表示され、もう片方の画面端に吸着させるウィンドウを選択できる。これもWindows 10からの新機能だ。

スナップ機能(1) Windows 10では、スナップ機能で左右の端にウィンドウを吸着した際、反対側の空いている領域に、その他に開いているウィンドウがサムネイルで一覧表示されるようになった。ここから任意のウィンドウを指定して、空いている領域にすき間なく吸着させることができる

 なお、Windows 10では画面の四隅にウィンドウを移動させると、1/4サイズで四隅にウィンドウを吸着できるようにもなっている。マルチディスプレイ環境でウィンドウをたくさん表示しすぎてデスクトップUIが散らかってきたら、ウィンドウをドラッグしてシェイクするように素早く小刻みに動かすと、他のウィンドウを全て最小化することが可能だ(「Windows」+「Home」でも同様)。

スナップ機能(2) 画面半分サイズと1/4サイズのスナップ機能を利用すれば、このようにウィンドウをすき間なく敷き詰めて無駄なく使える

マルチディスプレイをもっと使いやすくするタスクバー設定

 マルチディスプレイの使い勝手を高めるため、タスクバーの設定もしておきたい。タスクバーの右クリックで表示されるメニューから「プロパティ」を選んで「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」を表示し、「複数のディスプレイ」から設定を行う。タスクバーを2台目のディスプレイにも表示したい場合、「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」をチェックすればよい。

タスクバーの右クリックメニュータスクバーの設定メニュー 。タスクバーの右クリックで表示されるメニューから「プロパティ」を選択(画像=左)。「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」の「複数のディスプレイ」から、マルチディスプレイ利用時におけるタスクバーの表示方法を選択できる

 タスクバーのアイコン表示は、好みに合わせて3種類から選択可能だ。「すべてのタスクバー」は、全画面で起動している機能のアイコンを各画面のタスクバーへ同じように表示。「メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバー」を選ぶと、1画面目に全てのアイコン、2画面目にはその画面で起動している機能のアイコンのみを表示する。「開かれているウィンドウのタスクバー」を選ぶと、各画面で使っている機能のアイコンを個別に表示する仕様だ。タスクバーのボタンを結合するかどうかも選択できる。

上から「すべてのタスクバー」「メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバー」「開かれているウィンドウのタスクバー」の各設定における表示の違い。Windows 10標準の音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」と、時刻やアイコンを表示する通知領域は、メインディスプレイのみに表示される
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:EIZO株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2016年3月24日

関連リンク

活用&ノウハウ

/pcuser/articles/1610/26/news004.jpg

ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。

/pcuser/articles/1603/18/news017.jpg

スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。

/pcuser/articles/1412/11/news009.jpg

スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。

/pcuser/articles/1403/05/news004.jpg

PC、スマートフォン、タブレット――いつもディスプレイに囲まれて、目や首、肩に余計な負担がかかっているのでは? 心当たりがある人は、症状が悪化する前に、これを読んで今すぐ対策しよう。

/pcuser/articles/1307/09/news005.jpg

PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。

/pcuser/articles/1112/07/news004.jpg

ディスプレイから目を守るメガネ「JINS PC」が人気だ。エネルギーの強い青色光を特殊なレンズで防ぐことで、目にかかる負担を軽減できるという。これと同じように、ナナオもディスプレイメーカーの立場から長期に渡って疲れ目対策を講じており、その最新モデル「FlexScan EV2335W」にはさまざまな機能が備わっている。それでは、目の疲れに敏感なJINS PCの担当者は、FlexScan EV2335Wの表示をどう見るのだろうか?

/pcuser/articles/1105/25/news001.gif

今や生活の一部になりつつある電気製品の「節電」だが、どこまで意識して実践できているだろうか。液晶ディスプレイの節電を考えた場合、日ごろの運用で無駄に電気を使っていないか、そして効果的な省エネ策とは何なのか、今こそ普段の利用スタイルを見直してみよう。

/pcuser/articles/1009/27/news004.jpg

スマートフォンをはじめ、iPadなどのスレート型端末、デジタルカメラの背面液晶、ニンテンドーDS、そしてWindows 7など、最近注目を集めるデジタル製品はタッチパネルへの対応が1つのキーワードになっている。ひとくちにタッチパネルといっても、画面に触れた指やペンを検出する方式はさまざまだ。今回はタッチパネルの基本的な検出方式を取り上げ、その特徴と最適な用途について紹介しよう。

/pcuser/articles/1005/31/news001.jpg

動画コンテンツの魅力を最大限に引き出すには、“動画の”表示品質に優れた液晶ディスプレイが必須だ。今回はいくつかのサンプル動画を用意し、液晶ディスプレイにおける動画の表示品質をチェックしていこう。

/pcuser/articles/1004/22/news002.jpg

普段から何気なく使っている液晶ディスプレイの表示品質を、きちんと確かめてみたことはあるだろうか? テストパターンなどを使ってチェックしてみると、普段気付かなかった表示品質の問題点に気付くことも少なくない。今回は液晶ディスプレイの表示品質を評価するための基本的なポイントと、誰でも手軽に試せる方法を紹介しよう。

FORIS

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1407/08/news003.jpg

マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?

/pcuser/articles/1401/20/news001.jpg

動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。

ColorEdge&カラーマネジメント

/pcuser/articles/1306/21/news002.jpg

新スタイルの共用オフィス空間である「コワーキングスペース」は、新しいコミュニティが生まれる場所としても注目され、都市部を中心に急増している。そんなコワーキングスペースの中に、EIZOのカラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge」が期間限定で自由に使える場所があるという。これは試してみる価値が大いにありそうだ。

/pcuser/articles/1208/30/news007.jpg

カラーマネジメント液晶ディスプレイを導入すれば、デザイン業務の効率化や完成度の向上が期待できる。とはいえ、「そんなことは分かっているけど、とても高くて導入できないから、ちょっといい通常のディスプレイでガマンするしかない」といったデザイナーは少なくないだろう。ナナオの「ColorEdge CX240」は、「いつかは、カラーマネジメント液晶ディスプレイ!」と願う、こうしたユーザーにとって福音となるかもしれない。

/pcuser/articles/1202/27/news006.jpg

カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?

FlexScan

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1409/18/news007.jpg

徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。

About EIZO

/pcuser/articles/1401/27/news005.jpg

EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。