検索
ニュース

ソニー、モバイルバッテリーとしても使える超小型モバイルプロジェクター「MP-CD1」

ソニーは、重量約280gの薄型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「MP-CD1」を発表した。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 ソニーは3月22日、薄型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「MP-CD1」を発表、4月25日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は4万6000円前後(税別)。

photo
photo MP-CD1

 本体サイズ約83(幅)×150(奥行き)×16(高さ)mm、重量約280gの超コンパクト筐体を採用したモバイルDLPプロジェクター。LED光源を採用するモデルで、明るさは105ANSIルーメンを実現。解像度は854×480ピクセルで、最大120型までの投写を行うことが可能だ。映像入力はHDMI(MHL対応)×1を利用できる。

 容量5000mAhのバッテリーを内蔵しており、最大2時間の連続投写が可能。またモバイルバッテリー機能も備えており、投写中にもスマートフォンなどの他の機器に充電を行うことができる。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia PC USERに「いいね!」しよう
ページトップに戻る