ニュース
» 2008年11月11日 12時39分 公開

国産ボールペン60周年 「セーラー・ボール・ポイント・ペン」が復刻仕事耕具

1948年に発売した国産初のボールペン「セーラー・ボール・ポイント・ペン」が復刻――。セーラー万年筆から。

[鷹木創,ITmedia]

 60年前、国産初のボールペンだった「セーラー・ボール・ポイント・ペン」が復刻――。11月10日にセーラー万年筆が発売した。価格は5250円。

 セーラー万年筆によると、ボール・ポイント・ペンは発売後すぐに「万年筆の革命児」と新聞にもてはやされたという。「強い筆圧をかけてもびくともせず、縦横どんな方向でもスラスラ書ける」ことが評価されたのだ。

 復刻版は、セーラー万年筆が保管していた「ボール・ポイント・ペン」を元に開発。資料などは現存しておらず、保管していたペンもインク切れで書けなかったため、「芯やインク部分は当時と異なる」が、形状はオリジナルに「限りなく近い」という。

 インクは油性のブラック。ボール径は0.7ミリ。本体サイズは17×132ミリ(直径×全長)、重さは23.6グラム。

 60年前の1948年には300円程度で発売していたというボール・ポイント・ペン。「相当な高級品だったが、すぐに完売した」。現在でも2〜3万円はする高級万年筆が当時1000円程度だったから、復刻版が5250円なのも妥当かもしれない。気になる人は文具店でチェックしてみよう。

関連キーワード

ペン | 万年筆 | ボールペン | 高級品 | 新聞 | 昭和 | 文具


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ