連載
» 2009年12月08日 09時09分 公開

本当に大切なことを行動に移すために来年こそは「成果」を出す(1/3 ページ)

2009年も残すところあと数週間。来年こそは! と気持ちも新たにしている人も多いのではないでしょうか。何事も準備が肝心。新年からのスタートダッシュに手帳を活用するのはいかがでしょうか――。

[フランクリン・コヴィー・ジャパン]

人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー 完全攻略

 2009年も残すところあと数週間。「今年は充実した」という人ばかりではないはずです。来年こそは! と気持ちも新たにしている人も多いのではないでしょうか。誠 Biz.IDでは『人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー・オーガナイザー 完全攻略』をフィーチャーし、来年に備えるビジネスパーソンの力に役立てればと思います。

 何事も準備が肝心。新年からのスタートダッシュに手帳を活用するのはいかがでしょうか――。


価値観と行動をどう一致させるか

 フランクリン・プランナー・オーガナイザーで最も重視するのが、あなたにとって本当に大切なことと毎日の行動を一致させること。「あなたにとって本当に大切なこと」をあなた自身が定義することからすべてが始まります。

 あなたの価値観、あなたの役割、そして、あなたのミッションを考えていくことで、あなたの中にある「本当に大切なこと」を発見し、それを日々の計画や行動に生かしていくのが、フランクリン・プランナー・オーガナイザーなのです。

 右の「生産性のピラミッド」の図をよく見てください。ピラミッドの一番下には「価値観の明確化」とあります。まず、この部分をしっかり築くことが大切です。この土台を築くことなくして、目標を定めたり、行動プランを立てても意味がありません。きちんと手順を踏まなければ、ピラミッドが倒れてしまい、次の段階に進むことはできません。

あなたの価値観と実際の行動のギャップ

 では、少し具体的に考えてみましょう。例えば、あなたの価値観が「お客様に喜ばれること」だとしましょう。しかし、あなたの毎日の業務が「いかにお客様に分からない形で原価を抑え、利益を上げるか」であったとしたら、あなたの毎日の行動とあなたの価値観は相反していることになります。

 もちろん、クオリティよりもコストを優先する姿勢が、お客様を喜ばせるために必要な行動であると、あなたが考えているなら話は別です。しかし、そうでないなら、どちらを改めるべきかは明白でしょう。

ワンポイント

 ここでいう価値観とは、単なる好き嫌いや相性といったことだけではありません。自分自身の心の中にある、深くて本質的な価値観を意味しています。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ