ニュース
» 2013年05月31日 16時20分 公開

店舗の販売促進になるスマホアプリが0円から作れる「アプスタ」

キングジムとドリームネッツは、スマートフォンアプリを0円から作成できるサービス「アプスタ」を開始した。料金は従量課金制で、アプリのダウンロード数が100件までは無料。101件以降は段階的な課金となる。

[上口翔子,Business Media 誠]

 キングジムとドリームネッツは5月31日、スマートフォンアプリを0円から作成できるサービス「アプスタ」を開始した。料金は従量課金制で、アプリのダウンロード数が100件までは無料。101件以降は段階的な課金となる。

 独自のスマートフォンアプリを作りたいけど、自社開発、運用のことを考えると気軽にはできない――店舗経営者のこんな悩みを解決するのがアプスタだ。飲食チェーンや販売店など、小規模店舗や個人商店でも、気軽にオリジナルのアプリを持つことで、販売促進や顧客とのコミュニケーション拡大を図れる。

 利用方法は、まずWeb上の専用フォームに必要事項を入力する。申し込みから約2週間で制作、審査、登録手続きまでをアプスタが行い、納品される。その後、テスト運用を経て実稼働といった流れになる。アプリ公開後はPC、スマートフォン、タブレットの各種端末からブログを作成するような感覚でアプリ内に掲載する各種情報を入力して更新できる仕組みだ。

 制作するアプリに付けられる主な機能は以下の通り。

  • 店舗情報やオススメ食材、新入荷情報などを、写真付きで紹介する「ニュースレター配信」
  • 店舗の混雑状況をリアルタイムに配信したりユーザーの誕生日に自動でクーポンを送れる「クーポン付きレター配信」
  • 食事のメニューなど複数の画像をリスト化してユーザーに紹介できる「フォトギャラリー」
  • ユーザーがアプリを起動したり、友人などに店舗の情報をシェアしたりするとポイントを付与。それによりアプリ利用を促進する「スタンプ機能」
  • 地図アプリと連動し、店舗の位置情報や営業時間、電話番号を表示できる「お店情報」
  • ユーザーがお店の発信にコメントをしたり、TwitterやFacebookにシェアできる「ソーシャル機能」

 なお、アプスタにはダウンロード数無制限の「エンタープライズプラン」も用意されている。初期費用10万円で月額8万円と別途専用サーバ使用料が発生する。0円から利用できるスタンダードプランの場合、ダウンロード数が1万を超えるとエンタープライズプランに移行される。

スタンダードプランの料金体系
エンタープライズプランの料金体系

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ