期限切れの契約や労使協定のチェックを――3月の事務ごよみ【総務・法務】事務ごよみ(2/2 ページ)

» 2015年02月27日 05時00分 公開
[企業実務]
前のページへ 1|2       

防火体制のチェック

 3月1日〜7日は春の全国火災予防運動が実施されます(気候等により、日程をずらす地域もあります)。

 今回の全国統一防火標語は「もういいかい 火を消すまでは まあだだよ」。この運動を機に、防火・防災訓練を実施したり、非常口・階段、避難経路、消火器や消火栓の配置状況などを確認しておきましょう。

 なお、消防法の改正により、4月1日から消防用設備等の基準が変わります。高齢者や障害者向け施設、共同住宅など一定の建物のうち、スプリンクラー設備を設置しなければならない対象が拡大されました。

 該当する建物を維持・管理している場合は、防火・防災管理体制について再確認しておきましょう。

備品や事務機器の補充・廃棄

 4月に新入社員を迎える企業では、事務機器や備品、制服・作業服などの手配状況をチェックします。

 また、年度替わりに事務機器等の更新を行っている企業では、交換する機器、廃棄や入替えの手順などについて関係部署と協議し、スムーズに更新できるようにします。

各種社内規程の見直し

 年度ごとに業務に関する各種規程を見直す企業では、改定の必要性、金額、対象・範囲、制度の内容などを精査して、3月初旬には原案を作成しましょう。その案をもとに経営者や経営幹部の意見をとりまとめ、必要に応じて社員へのヒアリング等をしたうえで、最終的な形にまとめます。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR