ニュース
» 2005年01月27日 11時34分 公開

ぷらら、auとツーカー向けに新手法の迷惑メール規制

[ITmedia]

 ぷららネットワークスは2月15日より、au、ツーカーグループの携帯電話ユーザ向けメールに対して、「Outbound Port 25 Blocking」と呼ばれる迷惑メールの規制手法を実施する。

 ボーダフォンユーザー向けメールには、1月31日から実施される「Outbound Port 25 Blocking」で対応。これはISPのネットワークとインターネットとの接点で、ISP側からインターネットに向かうメール送信を遮断する、迷惑メールの規制手法だ。

 ぷららネットワークスは、「Outbound Port 25 Blocking」の導入に先駆け、迷惑メール送信規制システム「Rate base spam control」を導入。両者をあわせて運用することで、「ぷらら」のネットワークを通過して、携帯電話ユーザ向けに送られる迷惑メールの削減を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -