ニュース
» 2005年02月28日 20時51分 公開

キングジム、勤怠管理用“QRコード時計”を発売

QRコードが表示され、それを読み取るとタイムカードの代わりになる──そんな電波時計が登場した。派遣業務の勤怠管理に利用する。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 キングジムは2月28日、QRコードを利用した勤怠管理用時計「クロックオン QR時計タイプ」(型番:CL Q1、以下クロックオンQR)を発表した。3月22日から発売を開始する。

クロックオン QR時計タイプ

 クロックオンQRは立て掛けタイプの薄型電波時計で、サイズは110×92×27〜49ミリ、単3乾電池2本で動作する。クロックオンQR時計に表示されたQRコードを携帯電話で読み取ると、勤怠情報が会社へ送信される。iアプリに対応したドコモの携帯電話で利用できる。

 人材派遣、介護、家庭教師など、派遣業務への利用を想定している。派遣先にクロックオンQRを置いておき、派遣者は勤務開始時にQRコードを読み取り、開始時刻、終了時刻、業務の種類などの情報を送信する仕組み。

 価格はオープン価格で、1台あたり約8000円程度。ただし単体での販売は行わず、システムでの販売となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間