ニュース
» 2005年04月22日 19時18分 公開

沖電気とビットワレット、「Edyギフト」の新サービスを共同提供

[ITmedia]

 沖電気工業とビットワレットは4月21日、「Edyギフト」の新サービスを共同で提供開始したことを発表した。

 「Edyギフト」は、企業が販売促進などを行う際、Edy機能を搭載した顧客のカードや携帯電話などに、インターネットを通じて電子マネー「Edy」を直接提供できるサービス。今回、沖電気が提供する中継サービスでは、ビットワレットが運営するEdyギフトサーバとプレゼンタ企業の間に「受付サーバ」が設置され、「Edy」を提供する各プレゼンタ企業からの「Edyギフト」の依頼データが、即時に中継される。

 従来はプレゼンタ企業が「Edyギフト」を利用して、顧客に「Edy」をプレゼントする場合、ビットワレットへ依頼データを専用線で伝送、またはファイルで提供していたが、同サービスでは専用線接続を行うことなく、低コストでリアルタイムに「Edy」のプレゼントが行える。また、顧客の「Edy」受取り状況も、Webの管理画面で照会可能だ。

 

 同サービスはすでに、NTTドコモ北海道、NTTドコモ関西、NTTドコモ中国、日本オラクルなどにより利用が開始されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -