ニュース
» 2005年06月23日 14時36分 公開

沖電気とビットワレット、銀行向けに「Edyチャージソリューション」を提供

[ITmedia]

 沖電気工業とビットワレットは6月22日、共同で銀行向け「Edyチャージソリューション」の提供を開始した。

 既存のインターネットバンキングを変更することなく、「おサイフケータイ」およびEdyカードへの「Edyチャージ」を実現するソリューションで、沖電気がインターネットバンキングと連動するための「Edyチャージサーバ」を開発・構築。既に提供している同社の「Edyギフト接続サービス」を利用して、ビットワレットの「Edyサーバ」と接続する。沖電気が入金確認などの運用サービスを提供することで、突合処理などの運用コスト削減が実現されるという。

 東京三菱銀行は同ソリューションを採用し(6月23日の記事参照)、22日より「東京三菱ダイレクト」の契約者のうち、「おサイフケータイ」のユーザー向けに「Edyチャージサービス」の提供を開始した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -