ITmedia ビジネスオンライン

ニュース
2005/07/26 19:27 更新


楽天、おサイフケータイを入場券にする試行サービス

ソフトバンクホークスに続き、楽天野球団もFeliCa携帯をチケット代わりに使えるサービスを発表した。8月20日のロッテ戦から期間限定。

 楽天野球団は8月20日の対千葉ロッテマリーンズ戦から期間限定で、iモードFeliCa対応の「おサイフケータイ」を利用して、チケットの予約、支払い、および試合当日の入場が可能となる試行サービスを開始する。

 NTTドコモ東北、ローソンチケット、大日本印刷の3社と共同で、「おサイフケータイ」のチケット分野での活用、およびサービス充実のため実証実験として行うもの。9月25日まで、フルキャストスタジアム宮城で行われる、楽天イーグルス主催の15試合でサービスが提供される予定だ。

 利用者は「おサイフケータイ」からチケット予約サイトにアクセスし、会員登録後、観戦したいチケットを予約。電子マネー「Edy」で支払いを行い、チケットをおサイフケータイにダウンロードする。試合当日は、スタジアムの電子チケット専用入場口で、携帯電話を読みとり機にかざすだけで入場することができる。

 おサイフケータイからのチケットの予約は7月27日から受け付ける。対象は3塁側内野自由席。チケットのダウンロードは8月15日より可能となる。

 チケット予約は「メニューリスト」-「ショッピング/チケット」-「チケット」-「ローソンチケット」から。

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.