ニュース
» 2005年09月15日 14時45分 公開

KDDI、国際ローミングの音声通話料金を値下げ

KDDIは10月1日から、au携帯電話の国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」について、音声通話料金を値下げする。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは10月1日から、au携帯電話の国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」(グローバルパスポート)について、音声通話料金を値下げする。

 渡航先で発信した場合の料金は、渡航先での国内通話で最大33%、日本への国際通話で最大39%、日本以外への国際通話で最大36%、ほかのGLOBAL PASSPORT端末への通話で最大39%値下げ。渡航先で着信した際の料金も最大8%値下げする(いずれも1分当たりの料金)。

 例えば米国本土で発信した場合、日本への国際電話が210円から140円、日本以外への国際電話が330円から210円、他のグローバルパスポート端末への通話が210円から140円になり、渡航先での着信は180円から165円になる(いずれも1分あたりの料金)。

  • 渡航先で発信した場合の料金(円/分)
  • 渡航先で着信した場合の料金(円/分)

 GLOBAL PASSPORTは、日本で利用している携帯電話をそのまま海外に待ちだして利用できる国際ローミングサービス。通話可能なエリアはカナダ、アメリカ、プエルトリコ、米領バージン諸島、メキシコ、ハワイ、サイパン、グアム、韓国、中国、タイ、香港、台湾、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド。データローミングにも対応する「A5505SA」「A5514SA」(10月中旬発売予定)を使えば、韓国、タイ、台湾、中国でのEZweb閲覧やEメール送受信も行える(いずれも2005年9月15日時点の対応エリア)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -