ニュース
» 2005年09月20日 16時05分 公開

au ICカードを使いイーバンク口座を利用できるサービス

「W32H」「W32S」の2機種以降搭載するau ICカードの電子認証機能を使い、安全簡単にイーバンクの口座を利用できるサービスが提供される。

[斎藤健二,ITmedia]

 イーバンク銀行とKDDIは9月20日、au携帯電話の電子認証サービス「Security Pass」の電子証明書を使って、イーバンク銀行の口座を利用できるサービスを始めると発表した。提供は10月を目処とする。

 Security Passは、KDDIが導入した契約者情報を記載したICカード「au ICカード」を使ったPKI機能(7月13日の記事参照)。現時点では、「W32H」「W32S」の2機種に搭載されており、今後WIN端末全機種に搭載する。

 イーバンク銀行は、携帯電話端末固有のID(UID)を登録しておけば、支店番号や口座番号を入力することなく、ログインパスワードの最初の4桁だけで口座にログインできる「クイックログイン」サービスを2004年8月から提供してきた。今回UIDの代わりに「Security Pass」の電子証明書を使うことで、より簡単かつ安全にログインできるようになる。

 そのほか電子証明書とログインパスワードの最初の4桁を使って、郵便局やセブン-イレブンのATMからの出金をロックしたり、ロックを解除することも可能にする。

 Security Passと同様の機能は、NTTドコモもFOMAのICチップ「FOMAカード」を使って提供しているが(2003年6月20日の記事参照)、イーバングが同様のサービスを提供するのはau端末向けが始めて。イーバンクは「今後は他のキャリアにも展開していきたい」としている。また将来的には、イーバンクシステムによる本サービスのASP化も視野に入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -