ニュース
» 2006年09月20日 23時23分 公開

電子書籍の市場規模は前年度比約2倍の94億円に――インプレス

2006年3月末時点の電子書籍市場は約94億円で、前年比209%の成長を遂げた。中でも携帯電話向け電子コミック市場は約23億円と高い比率を示している。

[ITmedia]

 インプレスR&Dは9月20日、電子書籍ビジネスの市場動向に関する調査結果を発表した。

 これによれば、2005年3月末時点(2004年度)で約45億円と推定された電子書籍の市場規模は、2006年3月末時点(2005年度)で約94億円と、対前年度比209%の成長を見せているという。なお、2005年度の内訳は、PC/PDA向け電子書籍市場が約48億円、ケータイ向け電子書籍市場が46億円となっている。

 電子書籍の中でも「電子コミック」の伸び率が高く、2006年3月末時点の電子コミック市場規模は約34億円と推定されており、これは電子書籍市場全体の36%を占める。内訳はPC/PDA向け電子コミック市場が約11億円、ケータイ向け電子コミック市場が約23億円。

 また「PC向け」と「ケータイ向け」で分けた場合、PC向け電子コミック市場はPC向け電子書籍市場全体の23%、ケータイ向け電子コミック市場はケータイ向け電子書籍市場全体の50%と、携帯電話で電子コミックを楽しむ割合が高くなっている。

 ケータイ向け電子書籍市場の伸び率は非情に高く、2004年度に12億円だった市場規模が、2005年度には3.8倍に急成長。これは携帯電話の機能が向上し、2004年からは、ケータイで電子書籍を一冊まるごとダウンロードして閲覧できるようになり、ケータイ向け電子書籍市場が本格的に立ち上がったことに起因するとされている。

 なお、同調査結果は9月29日より、「電子書籍ビジネス調査報告書2006」および「電子コミックビジネス調査報告書2006」として販売される。価格はどちらも冊子版が3万9900円(税別)。その他、PDF版も用意されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -