速報
» 2006年10月23日 22時57分 公開

ビットウェイ、電子取次ぎシステムを開発――携帯コミックの取次サービス開始

[ITmedia]

 ビットウェイは10月23日、電子取次ぎシステムを開発し、携帯コミックの取次サービスを本格的に開始したことを発表した。

 同システムは、データを一元管理することで、各電子書店への電子書籍の配信を効率的に運用することができ、デジタルデータの流失の危険を回避することができる。また各出版社が、リアルタイムで販売状況を確認できる機能なども実装している。

 取次サービスの開始にあわせ、講談社の週刊コミック雑誌「モーニング」から、「ドラゴン桜」「天才柳沢教授の生活」などの30作品を、10月23日よりアクセルマークの「ベストヒットCOMICS」、コミックジェイピーの「comic.jp」、ビクターネットワークスの「コミック★COMIC」、パナソニックシステムソリューションズの「最強☆コミック」、およびビットウェイが自社で運営している「Handyコミック」を提供する。

 同社は今後、携帯コミックの取次ぎだけでなく、携帯書籍PC向けのコミック、書籍の取次ぎも順次行うとともに、電子書店の販売拡大のためのコンサルティング、プロモーション支援などを行っていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -