検索
速報

ドコモ、NECをスーパー3Gの端末ベンダーに選定

Share
Tweet
LINE
Hatena

 NECは11月21日、NTTドコモのスーパー3Gの商用端末ベンダーに選定されたことを明らかにした。

 スーパー3Gは、W-CDMAの拡張技術HSDPA/HSUPAからさらに発展した標準規格で、現在W-CDMAの標準化団体3GPPで、Long Term Evolution(LTE)と称して検討されている。6月に開催された3GPPの会合で、LTEの基本検討がほぼ終了したことから、ドコモはスーパー3G実用化に向けた開発を開始し、7月より開発メーカーの募集を行っていた(7月7日の記事参照)。

 商用端末ベンダーに選定されたNECは、2010年の商用化に向けて商用端末機を納入する提案、およびスーパー3G商用端末を実現するための通信プラットフォームの技術開発を、2009年を目途に完了する提案をしていた。

 なおNECは開発に関して、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通の2社と協力。2009年の開発完了を目標に、スーパー3G対応の端末を実現するための通信プラットフォームの技術開発を推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る