リビング+:特集 2003/03/17 16:59:00 更新

特集:ゲーム屋の舞台裏
重要性を増す「チートコード対策」 〜リネージュ (2/2)


 各手法に対する、エヌ・シー・ジャパンの基本対策は、以下のとおりだ。

 まず、クライアントマシンの保有するメモリ関連のチートに対しては、変更を認識しだい、クライアントが自動停止する。サーバ側ではログアウトの処理が行われ、プレイヤーはゲームからはじかれることになる。

 通信パケットの加工は、通信の暗号化を施すことで、これを防ぐ。偽装データを付加する対象となる、プレーンなデータをさらさないことが重要となる。

 プログラム自体の改ざん対策としては、独自の圧縮フォーマットを採用している。ユーザーがソフトウェアの中身をのぞき、いじることができないようにしているという。

 ネット上には、チートを助長するようなハッキングツールも数多く配布されている。こうした技術の動向をチェックし、常に対応をはかることも重要だ。そもそもリネージュは、韓国で誕生して以来5年になる。その間、多くのチート行為を試みられ、そのつどバージョンアップによって対応してきた。また、不正行為を行ったプレイヤーには厳しい対処が行われる。

 担当者は、リネージュがこうしたノウハウを蓄積していると話す。「システムの強固さは、業界トップクラスだろう」(エヌ・シー・ジャパン)。

「ゲームバランス」は、重要な評価軸

/broadband/0303/17/line3.jpg
 攻城戦は、同ゲーム最大の魅力の1つ

 ほかにも、同社はゲームバランスに関するバグフィクスを随時行っている。たとえば、「この地域にいるモンスターがよく落とすアイテムを、別の地域に持っていって売りさばくと、短期間で多くのお金を得られる」といった循環があった場合、それがあまりに問題あるようなら、アイテムドロップ率の調整も検討しなくてはならない。

 もっとも、これが“ハイテクニック”に属する部分なのか、バクの悪用なのかは難しいところ。担当者は、この判断は慎重に行う必要があると話す。「全てに言える事だが、まずは、ユーザーが本質的に何を楽しむかを考えることが重要」。

 同氏は、この種のノウハウや運営体制は、ゲームを評価する上でもっと注目されていいと話す。

 「マスコミは、キャラクターのかわいさとか、シナリオとか、目新しいゲームシステムなどに焦点をあてたがる。しかしゲームを長く続け、ユーザーが継続して楽しんでもらうには、運営の部分がとても重要になっている」。リネージュはその点でも、非常によくできたゲームだと強調した。

/broadband/0303/17/line4.jpg
 (C)1997〜2002 NCSOFT ALL RIGHT RESERVED TEAM E&G PRESENTS

関連記事
▼「リネージュII」発表――“3D”にパワーアップ
▼リネージュは国境を越える――エヌ・シー・ジャパン野辺社長
▼リネージュ,有料化後はどうなった?
▼リネージュで音声コミュニケーションが可能に
▼ネットカフェと連携すすめるリネージュ
▼リネージュ「ちょっといい話」
▼特集:で、ブロードバンドで何ができるの?(5):オンラインゲームで熱くなれ!
▼特集:年末・年始はブロードバンドでPCゲームを楽しもう!

関連リンク
▼リネージュのサイト
特集:ゲーム屋の舞台裏 1/5 次

前のページ | 1 2 |      

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!