ニュース
» 2017年01月12日 19時25分 UPDATE

ビールの魅力向上へ:キリン、クラフトビールで「楽しさ」提案 (2/2)

[加納由希絵,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「のどごし」は新提案

 一方、16年に苦戦した新ジャンルについては、リニューアルと新商品で復権を目指す。「のどごし〈生〉」は、15年に季節限定品などが好調だったことから、「16年もその施策をなぞってしまった」(布施社長)ことが不振の要因だという。消費動向が絶えず変化する中で、目新しさを打ち出せなかった。

 17年は、上質な味わいの新商品「キリン のどごし スペシャルタイム」を4月18日に発売する。のどごしブランドとしては初となる、麦100%の通年販売商品。うまみと後味の爽快さを両立させた。「気持ちを明るく前向きにしてくれる」商品として新たな提案につなげる。

photo 4月に発売する「キリン のどごし スペシャルタイム」

 主力ののどごし〈生〉は1月下旬にリニューアルする。うまみやキレをより感じられるように改良し、生ビールのようなのどごしを目指した。パッケージも刷新する。

 のどごしブランド全体の17年の販売目標は、3.9%増の4490万ケース。ブランド力の強化で再成長を目指す。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -