連載
» 2017年05月20日 05時22分 公開

1.2兆円産業の倍増図る日本の宇宙ビジョンとは?宇宙ビジネスの新潮流(3/3 ページ)

[石田真康(A.T. カーニー),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

世界のライバルも高い目標

 このように期待の高まる宇宙産業だが、各国も同様に積極的なビジョンを掲げている。商業宇宙産業を加速する米国はもちろんのこと、例えば、英国でも業界団体が中心となって2015年に「UK Space Innovation and Growth Strategy」をまとめており、2030年までに世界の宇宙産業の10%シェア獲得、新たに10万人の雇用を生むことなど、非常に高い目標が掲げられている。

 今回の宇宙産業ビジョン2030も、ビジョンの実現、実行こそが本当の勝負だ。日本の宇宙産業の可能性にぜひ注目してもらいたい。

著者プロフィール

石田 真康(MASAYASU ISHIDA)

A.T. カーニー株式会社 プリンシパル

ハイテク業界、自動車業界、宇宙業界などを中心に、10年超のコンサルティング経験。東京大学工学部卒。内閣府 宇宙民生利用部会および宇宙産業振興小委員会 委員。民間宇宙ビジネスカンファレンスを主催する一般社団法人SPACETIDE代表理事。日本発の民間月面無人探査を目指すチーム「HAKUTO(ハクト)」のプロボノメンバー。主要メディアへの執筆のほか、講演・セミナー多数。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -