連載
» 2018年02月26日 07時23分 公開

来週話題になるハナシ:イケアはアマゾンに勝つことができるのか (4/5)

[藤井薫,ITmedia]

イケアが直面している脅威

 もうひとつ、イケアが直面している脅威は、やはりネット通販だ。イケアは世界最大の家具メーカーなのだが、eコマースへの対応は非常に遅れている。

 イケアはビジネス展開する国の半分ほどでしか、ネット通販に対応していないのが現状だ。日本でも、イケアがネット通販に対応するようになったのは、17年からと比較的最近になってからだ。

 イケアがネット通販の導入に時間をかけている間、ライバルたちがどんどん進出してきている。オンラインだけでビジネス展開する、家具のネット通販ブランドが登場したり、さらに特筆すべきは、ネット通販の巨人、アマゾンも家具ビジネスに参入し始めたことだろう。

 アマゾンは、ミッドセンチュリーモダンなデザインを取り入れた「Rivet」と、ナチュラルなカントリーモダンのスタイルを取り入れた「Stone & Beam」という、アマゾン・ドット・コムのみで買える2つのオリジナルブランドを立ち上げたばかりだ。しかもアマゾンプライムの会員であれば、送料は無料である。

 家具やインテリア関連のネット通販は、年率約12%増で推移すると予測される魅力的な市場になっている。そのビジネス規模は、22年には約2億8600万ドルになると予測され、競争が激化しそうだ。

 ネット通販ビジネスに出遅れた感があるイケアも、18年中に対応を強化する。オフィシャルサイトでの販売だけではなく、アマゾンや中国のアリババグループが運営するTmallのような外部のサイトを利用して商品を販売する計画だ。

アマゾンはモダンなデザインを取り入れた「Rivet」というブランドを立ち上げた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -