なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
連載
» 2018年05月08日 06時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ(前編):センベロの王者 「晩杯屋」急成長のワケ (4/4)

[長浜淳之介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

センベロの多店舗化にまい進

 あきんどスシローの水留浩一社長が「魚はどこかの漁場で湧くことがある。いつどんな魚種がどこで湧くかを予想するのは難しいが、漁場の情報をキャッチすれば安く仕入れられる」と述べているように、築地市場には全国の魚の情報が集まってくる。豊洲に移転してもその役割は変わらないだろう。

 今は冷凍技術が発達しているので、安く大量に仕入れた魚を保存することも可能だ。

 晩杯屋ではセントラルキッチンを16年8月に完備して、冷凍保存に加え、刺身にする魚を柵(ブロック)の状態で店に送るなど、現場での調理を軽減するシステムも構築している。経験の少ないアルバイトでもお店を回せる“センベロの多店舗化”というユニークなビジネスモデルを築いた。

 これからも店舗数をどんどん増やしていくのか。注目である。

photo 晩杯屋下北沢店。地下1階が座れる大衆酒場。1階に立ち飲みと、新業態の格安ステーキ・べこ太郎がある

著者プロフィール

長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)

兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)など。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ