ニュース
» 2018年09月04日 15時41分 公開

安全性・利便性もアップ:トヨタ「アクア」に特別仕様車 黒×茶の落ち着いた内装、新色“オリーブ”設定 (1/2)

トヨタが「アクア」の特別仕様車を発売。ブラウンとブラックが基調の落ち着いた内装が特徴。ボディーカラーには特別設定色「オリーブマイカメタリック」も設定した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は9月4日、ハイブリッドカー「アクア」のデザインや機能を変更した特別仕様車「Crossover“Glam”」を発売した。価格は212万3280円(税込)。「Crossover」グレードをベースに、ブラウンとブラックが基調の落ち着いた内装を設定した点が特徴。

photo 「アクア」の特別仕様車「Crossover“Glam”」

 シート表皮には、ダークブラウンの合成皮革や、ブラウン×ブラックのステッチを施したファブリックを採用。シフトノブにもブラック加工を施した。ルーフ、ピラー、サンバイザーなどはブラックで統一し、インパネの助手席オーナメントには、ブラウンステッチを施した合成皮革を取り入れた。

photo 「Crossover“Glam”」のインテリア

 ボディーカラーは特別設定色「オリーブマイカメタリック」のほか、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラックマイカ」「スーパーレッドV」「ベージュ」の計5色を設定した。

 アクセルペダルの踏み間違いや踏みすぎによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」や、キーを取り出さなくても施錠・解錠ができる「スマートエントリーパッケージ」といった機能も標準装備し、安全性・利便性を高めた。

photo 「スマートエントリーパッケージ」も搭載(=公式Webサイトより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ