ニュース
» 2018年09月05日 19時33分 公開

「KDDI ∞ Labo」も移転:ベンチャーに一番近い大企業に――KDDIが5G・IoTビジネスの開発拠点を開業、他社を支援へ

KDDIが東京・虎ノ門に、5GやIoTを活用したビジネスに取り組みたい企業を支援するワークスペース「KDDI DIGITAL GATE」をオープン。顧客企業は、最先端の通信規格を検証できる設備やミーティングルームを自由に使える。KDDIの専門チームなどからビジネス創出に向けた支援も受けられる。

[ITmedia]

 KDDIは9月5日、東京・港区に、5G(第5世代移動体通信技術)やIoT(モノのインターネット)を活用したビジネスに取り組みたい企業を支援するワークスペース「KDDI DIGITAL GATE」をオープンした。顧客企業は、5Gなど最先端の通信規格を検証できる設備やミーティングルームを自由に使えるほか、KDDIの専門チームなどからビジネス創出に向けた支援が受けられる。

 場所は虎ノ門の「虎ノ門ツインビルディング」3階で、利用料金は個別見積もり。KDDI主催のビジネスセミナーや交流会なども実施予定という。

企業のデジタルトランスフォーメーションを促進

 KDDIの高橋誠社長は「開発が進み、人々が刺激し合える環境となっている虎ノ門エリアにこの施設をオープンすることで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進したい」と意気込む。

photo 「KDDI DIGITAL GATE」のオープンを祝う、KDDIの高橋誠社長(=左から2番目)ら

 KDDIは5GやIoTのほか、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、AI(人工知能)、画像認識技術、ウェアラブルデバイス――などを生かしたビジネスの考案を支援していく。

 支援に当たっては、開発から評価・改善までのサイクルを短くし、高速で繰り返すことで質を高める「アジャイル開発」を導入し、顧客企業のアイデアを実用化に近づけていく方針だ。

photo 「KDDI DIGITAL GATE」のミーティングルーム。ホワイトボードは取り外し可能だ

 KDDIとアクセンチュアの合弁会社で、データ分析を専門とするARISE analytics(渋谷区)や、KDDIの子会社でIoT専用の通信サービスを手掛けるソラコム(港区)など、KDDI傘下のテクノロジー企業5社も支援に協力する。

 「KDDI DIGITAL GATE」のセンター長を務める、KDDIの山根隆行氏は「通信事業以外でも、お客さまに価値を提供したいと考えて開設に踏み切った。スピード感あふれる開発手法を取り入れ、顧客企業をデータドリブンな会社に変えていきたい」と展望を話す。

photo ソラコムが提供する、IoT向けのSIMカードや部品

「KDDI ∞ Labo」も移転

 KDDIは2011年から、電通などの大企業をパートナーに迎え、有望なスタートアップ企業を共同で支援する取り組み「KDDI ∞ Labo(無限ラボ)」を行ってきた。

 「KDDI DIGITAL GATE」の開業に伴い、「KDDI ∞ Labo」の活動拠点を「渋谷ヒカリエ」(渋谷区)から同ワークスペース内に移転。「KDDI DIGITAL GATE」の顧客企業と「KDDI ∞ Labo」のパートナー企業をマッチングし、さらなる支援を行うなどの取り組みもスタートする計画だ。

 移転に合わせ、イオンリテール、サントリーホールディングス、東日本旅客鉄道(JR東日本)が参加し、パートナー企業は計35社に拡大。登山用のGPSアプリ「YAMAP」を手掛けるヤマップ(福岡市)など、スタートアップ5社を支援する企画「次世代プログラム」も5日から始めたという。

photo 「KDDI DIGITAL GATE」のワークスペース。各部屋には「桜田門」「雷門」など、「門(GATE)」にちなんだ名前が付けられている

 「KDDI ∞ Labo」の責任者を務める、KDDIの中馬和彦氏は「これまでの取り組みによって、KDDIに“ベンチャーに一番近い大企業”との企業イメージを持つ人が増えている」と強調。

 「移転によって、『テクノロジーでビジネスを変えたい』という強い思いを持つ、大小さまざまな企業が『KDDI DIGITAL GATE』に集うことになる。これからも、日本中の仲間と一緒にイノベーションを起こしていきたい」と期待を語った。

ALTALT 会見で披露されていた、5Gを活用した3D映像の伝送実験

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間