ニュース
» 2018年12月13日 12時25分 公開

病院などへの展開も視野に:米Amazonのレジなしコンビニ、コンパクト版が営業開始 (1/2)

米オンライン小売り大手Amazon.comは12日、米シアトルの自社オフィスビル内で、レジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のコンパクト版の営業を開始した。

[ロイター]
photo 12月12日、米オンライン小売り大手Amazon.comは、米シアトルの自社オフィスビル内で、レジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のコンパクト版の営業を開始。同社シアトルオフィスで10日撮影(2018年 ロイター/Lindsey Wasson)

[シアトル 12日 ロイター] - 米オンライン小売り大手Amazon.comは12日、米シアトルの自社オフィスビル内で、レジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のコンパクト版の営業を開始した。

アマゾン・ゴーとしては8番目の店舗で、床面積は450立方フィートと通常の4分の1。既にシカゴやサンフランシスコ、シアトルで営業を開始している通常店と同様に、利用者は自分のスマホを機械に読み取らせて入店、店内のカメラが購入商品を判別して事後的にクレジットカードに料金を請求することで、レジ精算をせずに買い物ができる。

今回の店舗はAmazonの従業員と同社への来客者のみが利用でき、主に従業員向けにサラダやスナックなどを販売する。

Amazonはこうしたコンパクト版について、オフィスの空きスペースや病院などでの展開を視野に入れている。

       1|2 次のページへ

Copyright © Thomson Reuters

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間